マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる) / ファイナンシャルプランナー

高伊FP社労士事務所

コラム

相続の基礎、その15

2021年9月15日

テーマ:相続セミナー

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: ライフプラン 相談相続対策

相続の基礎、その15

きょうは、相続財産のうち、相続税が非課税になる
財産について、ご案内します。

原則として、相続や遺贈で受け取った財産は相続税の
対象となりますが、財産の性質や社会的な見地など
から非課税となっているものがあります。

1.墓地、霊廟や仏壇仏具など

2.宗教、慈善、学術その他公益を目的とした事業を
 行う者で、一定の要件に該当する者が取得した財産で
 その公益を目的とする事業の用に供することが確実な
 もの
 個人経営の幼稚園などが該当します。

3.社会政策的な見地からのもの
(1)心身障害者共済制度に基づく給付金を受ける権利
(2)相続人が受け取った保険金等のうちの一定額
(3)相続人が受け取った死亡退職手当等のうちの一定額
(4)相続や遺贈で受け取った財産を、申告期限までに
  国等に寄付をした場合の財産
(5)相続や遺贈で受け取った財産を、申告期限までに
  特定公益信託に支出した場合の財産

次回以降、(2)と(3)の具体的な説明を予定しています。

この記事を書いたプロ

高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(高伊FP社労士事務所)

Share

関連するコラム