マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる) / ファイナンシャルプランナー

高伊FP社労士事務所

コラム

人生は今日が始まりー15

2021年1月15日 公開 / 2021年1月28日更新

テーマ:田中真澄先生

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: ライフプラン 相談

今月は、『田中真澄のパワー日めくり 人生は今日が始まり』 (ぱるす出版)を元に、
わたしの考えをつづらせていただきます。

15日は「傾聴の三動作」です。

話し三分に聴き七分 
うなづき あいづち 驚きの表情(はひふへほの声を添え)

サラリーマン時代に、よどみなく話す人がいて、その人のことを話が上手な人だと勘違いをしたことがあります。
そのときは、長い話が上手な人と思っていたのです。

本当の話し上手は、違います。
話しが上手な人とは、話すことばかりではなく、聴くことが上手な人です。

たとえば、一方的に話をしていては、会話が成り立ちません。
話す割合を自分が3割程度で相手が7割程度と思ったときに、実際には5割5割くらいになっています。

聴き上手は、話し上手とも言われる由縁です。

相手の話を聴く時に、相手の目を見ながら、うなづいたり、あいづちを打ったり、また、驚きの表情をすると、聴いてもらっていることがわかるのです。

これを、傾聴の三原則といいます。

驚きの表情をするときに、次の5つを使い分けてみましょう
はー
ひー
ふー
へー
ほー

わたしは、話力総合研究所で話力の勉強をしています。
話力とは、話すことと聴くことの全体的な力なのです。

夫婦円満の秘訣の一つに、話を積極的に聞く、すなわち傾聴があります。
人生100年時代、長い人生ですので傾聴を心がけましょう。
もちろん、仕事や人間関係をよくする秘訣でもあります。

話し三分に聴き七分 
うなづき あいづち 驚きの表情(はひふへほの声を添え)

『田中真澄のパワー日めくり 人生は今日が始まり』には、
田中真澄先生の31の珠玉の言葉と解説がついています。
一日一言の積み重ねが、最高の生き方に変わります。

ぱるす出版:http://www.pulse-p.co.jp/

この記事を書いたプロ

高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(高伊FP社労士事務所)

Share

関連するコラム