マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる) / ファイナンシャルプランナー

高伊FP社労士事務所

コラム

熱意の魔術

2020年1月26日 公開 / 2020年2月24日更新

テーマ:田中真澄先生

コラムカテゴリ:ビジネス

26日は「熱意の魔術」です。

熱意あふれる行動が成功の秘訣 
何事も熱意を持って取り組もう

齋藤孝氏のたくさんある著書の一つ『情熱のスイッチ』(大和書房)には、ロックミュージッシャンの矢沢永吉など、たくさんの成功者が紹介されています。

たとえば、矢沢永吉は、「コンプレックスをバネにして多少成功しただけでは満足せず、100万倍にして返してやろうぐらいの勢いをずっと持続」
『古事記伝』をあらわした本居 宣長(もとおり のりなが)は、わずか四畳半ほどの広さの書斎で書き上げた。
情熱さえあれな、どんな環境でもできる。

昨日紹介したビリギャルの娘さんもすごいです。
徹夜で頑張り、学校が休養の時間。そのことに文句を言った教師に、食らいついた、ああちゃん(お母さん)がいました。

また、柳井正会長は、著書『一勝九敗』のなかで、
「まず経過をたてて実行することが何より大事であり、それによる失敗体験こそが次の成功の糧になる」
「頭のいいと言われる人に限って、計画や勉強ばかり熱心で、結局何も実行しない。商売や経営で本当に成功しようと思えば、失敗しても実行する。まためげずに実行する。これ以外にない」
と書いています。

好きこそものの上手なれといわれるが、経験のないものでも、熱意を込めてやっていると好きになれるものです。情熱を傾けるものと、出会えます。熱意を傾けていけば、
誰にでも成功が近づいてきます。熱意を持って行動していれば、必ず他人は見ているものです。

熱意あふれる行動が成功の秘訣 
何事も熱意を持って取り組もう

この記事を書いたプロ

高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(高伊FP社労士事務所)

Share
関連するコラム