まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる)

高伊FP社労士事務所

コラム

法定相続分とは-3

相続セミナー

2018年12月5日 / 2018年12月14日更新

それでは、たとえば、夫が亡くなった場合に第3順位の
相続人で分ける場合でお伝えしていきましょう。

相続人になる第3順位は、亡くなった人の兄弟姉妹
または甥・姪です。

1.相続人が妻と兄弟姉妹なら、妻が4分の3、
 兄弟姉妹が4分の1
2.兄弟姉妹の中で先に亡くなっている人がいたら
 その兄弟姉妹の子供(甥・姪)がその兄弟姉妹の
 相続分を均分します

このような方がいらっしゃいました。
子供のいない家庭で、妻が夫に遺言を書いておくよう
頼んだのですが、夫は頑として書きませんでした。
その結果、法定相続人が沢山になりました。

妻の法定相続分は4分の3ですが、法定相続分が全体で
4分の1になる兄弟姉妹(甥・姪)が10人以上となった
のです。
兄弟姉妹の中には先に亡くなっている人がいましたので、
甥姪までが相続人になるので、戸籍謄本をそろえる
ことを司法書士にお願いしても3か月以上かかりました。

夫の出身地は東京から遠く離れたところで、新幹線で
何度も往復してようやく書類をそろえることができ
ましたが、その中の一人が銀行に提出する書類に
難癖を付けました。
そのため、相続の手続きに時間とお金が大変かかる
ことになってしまいました。

連絡がつかない人が相続人にいると、もっと大変な
ことになります。

なぜ、奥さんがご主人に遺言を書くよう依頼したのか、
あしたお伝えいたします。

この記事を書いたプロ

高伊茂

高伊茂(たかいしげる)

関連するコラム

高伊茂プロのその他のコンテンツ

Share

高伊茂プロのその他のコンテンツ