まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる)

高伊FP社労士事務所

コラム

「80歳でお迎え」は見積もりが甘い

人生100年時代

2018年2月19日 / 2018年9月25日更新

先日、某老人大学でのこと
90人くらいの方の前で
「80歳でお迎えが来るだろう」
と思っている方は手を挙げてください!
とお尋ねしたら、
なんと、男性の半分くらいの方が挙手されました。

拙著、『定年を楽園にするお金と仕事の本』の
「はじめに」からです。

「“80歳でお迎え”は見積もりが甘い」

日本人の平均寿命は、
最近の20年間で見ると、
毎日5~6時間延びています。

何歳の人が何年くらい生きるかというのは
平均余命のことです。

平成28年簡易生命表によると
60歳男性は、23.67年
60歳女性は、28.91年
70歳男性が、15.72年
70歳女性が、19.98年

老人大学ですから、平均年齢70歳としたら
男性は86歳、女性は90歳くらいまで
平均的に生きるということになります。

ですから、男性の半分が手を挙げたのですが、
それより長生きするだろう
ということです。

ちなみに、50歳の平均余命は
男性なら、32.54年
女性なら、38.21年
です。

着実に人生100年時代です。
ライフプランは、平均寿命ではなく、
人生100年で立てましょう。


店によっては、
すでに売り切れになっているお店があります。
ご注文ということになるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/dp/4827211000
(楽天ブックス)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15317586/


この記事を書いたプロ

高伊茂

高伊茂(たかいしげる)

高伊茂プロのその他のコンテンツ

Share

高伊茂プロのその他のコンテンツ