まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる)

高伊FP社労士事務所

コラム

遺言川柳ー15

相続セミナー

2014年9月28日 / 2018年8月13日更新

遺言川柳の15回目です。

幻冬舎:
http://www.gentosha.co.jp/search/index.php?search_keyword=%E9%81%BA%E8%A8%80%E5%B7%9D%E6%9F%B3&x=0&y=0

「遺言に 一寸伏字を 入れて置く」
遺言の文言は、誰が読んでも同じ解釈にならないといけません。
伏字があって、意味不明や内容不明であったら、相続争いの元です。
伏字は、やめましょう!

「残すなら 現金にして 分けやすい」
不動産を分けるのは難しい。
分けやすいものの典型的なものが“現金”です。
そして、もらってうれしいのも“現金”です。

「濡れ落ち葉 遺言状で 仇を討ち」
退職後に、妻から邪険にされたのでしょうか?
どちらにしても、悲しい姿です。
人生100年時代です、活き活きとした後半人生をお過ごし願います。

この記事を書いたプロ

高伊茂

高伊茂(たかいしげる)

関連するコラム

高伊茂プロのその他のコンテンツ

Share

高伊茂プロのその他のコンテンツ