まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる)

高伊FP社労士事務所

コラム

遺言川柳ー12

相続セミナー

2014年9月25日 / 2018年9月23日更新

遺言川柳の12回目です。

幻冬舎:
http://www.gentosha.co.jp/search/index.php?search_keyword=%E9%81%BA%E8%A8%80%E5%B7%9D%E6%9F%B3&x=0&y=0

「あいつには やりたくないが 法の壁」
家族関係がうまくいっていなかったのでしょうか?
とても、さびしく思いますが、配偶者や子は法定相続分の半分の遺留分を持っています。
なお、遺言でできることの中に、推定相続人の廃除があります。
被相続人を虐待し、または重大な侮辱を加えたり、相続人に著しい非行があった場合に、家庭裁判所の審判を得る必要があります。

「親危篤 慌てて走る 銀行へ」
お葬式の費用等を準備するということで、銀行へ行く姿が思い浮かびます。
ただし、本人のお金は本人しか払い出しできないので、ご自身のお金をおろすことが望ましいです。

「簡単な 名前の方が 得をする」
遺言を書くときに名前が浮かんでこなかったら、大変。
最近の子供の名前は難しい命名が多く、将来名前で悲喜劇があるかも?

この記事を書いたプロ

高伊茂

高伊茂(たかいしげる)

関連するコラム

高伊茂プロのその他のコンテンツ

Share

高伊茂プロのその他のコンテンツ