マイベストプロ東京
島田英泰

自然を利用して景観の美しさと生活の質を高める庭師

島田英泰(しまだひでやす) / 造園業

緑生環

コラム

剪定で樹木(庭木)の花つきを良くするためには

2019年8月29日 公開 / 2020年3月21日更新

テーマ:樹木の剪定

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 剪定

基本的には花が咲き終わったすぐ後に剪定すれば、花芽を切り取らなくて済みます。
例えば、サクラでは4月下旬頃、ヤマボウシでは8月頃かと思います。
この時期に剪定を行えば花芽分化期までに伸びた枝へ花芽が形成されるので、花付きが良くなります。
開花前に花芽を見分けながら剪定することもよいかもしれません。
※実の観賞を楽しみたい場合は結実後の剪定になりますが、剪定である程度花芽を切り落としてしまうことが考えられます。

花芽の多くは横へ伸びる枝へ形成され、真上に伸びる枝へは形成されにくい特性があります(樹種によりますが)。
そのため、枝が横へ伸ばせるスペースをつくるように整枝すると良いでしょう。
このように整枝する方法は、樹木(庭木)の横への成長が抑制され、通路や隣地への越境枝を抑えることにも適しています。

新葉や頂芽を残すように剪定することも有効です。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
緑生環
代表 島田 英泰
PHS: 070-5554-3835(受付時間:平日 9時~17時)
E-mail: shimada@ryokuseikan.biz
HP: http://ryokuseikan.biz

この記事を書いたプロ

島田英泰

自然を利用して景観の美しさと生活の質を高める庭師

島田英泰(緑生環)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

島田英泰プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-5554-3835

 

事務所の固定電話は、042-785-3817 です。
携帯電話の方がつながりやすいので、070から始める電話番号へおかけくださいませ。
メールはいつでも構いませんので、ご活用いただけますと幸いです。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

島田英泰のソーシャルメディア

facebook
Facebook