まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤原伸浩

子どもの心と学力を育てる地域密着学習教室講師

藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

合同会社ReON / きぼう塾

コラム

伸びる子の特徴

子どもが伸びる親心

2018年2月17日 / 2018年9月14日更新

こんにちは!

勉強嫌いの子がやる気になる
全国対応ハイブリッド学習塾「きぼう塾」塾長

元小学校教師の心理カウンセラー 藤原先生です。

LINEで気軽にご相談いただけます

LINE@の「1:1トーク」で、元教師ならではの教育相談をお受けできます。
QRコードはこちらです
検索は「@cmc7341w」でお願いします。

羽生結弦選手、おめでとう!


いやあ、感動しました。

オリンピック、フィギュアスケート男子。

羽生選手の演技、素晴らしかったです。

彼のいろんなエピソードが紹介されていましたが、なかでも

「自分はそんなに精神的に強くないんです」

との言葉が胸に残りました。

「聴ける」子は伸びる


目は閉じることができるから、見ることを遮ることができます。

口もそう。声を遮ることができる。

鼻の呼吸は止めることができます。空気やにおいを遮ることができる。

でも、耳だけは耳栓や手などを使わない限り、音を遮ることはできません。

耳だけは、どの器官よりも“遮る”ことの難しいものだと言えるでしょう。

だから、何を耳で聴き、受け取るか。

受け取る心が、特に関係します。

伸びる子の特徴は、聴ける耳にあります。

弱さを認められるからこそ、強い。そして・・・


羽生選手は、強い。

それは、自分の弱さを誰よりも一番よく知り、心で感じ、認められているからではないでしょうか?

弱さを認められるからこそ、あれだけの強さを見せられる。

そして、どこまでも誠実な彼の振る舞い。

心で受けとめ、誠実によく聴いているからこそなのだと思うのです。


きぼう塾でも、伸びる子はまず何よりも素直に話を聴ける特徴があります。

素直というよりも、ただただ、人の話を誠実に最後まで聴けるのです。


一方で、もてる力を十分に出し切れていない子は、話を聴かない。

最後まで聴こうとしません。

素直に言うことを聞くというのではなく、それは、誠実であるかどうか。

ほんのちょっとの違いなのですが、伸びる子と伸びない子の大きな差と感じます。

このお子さんも初めは聴かなかった。けれど・・・


でも、子供は必ず成長していくもの。

このお子さんも、最後まで聴くようになった。

すると、誠実さが身になり、心が育った。

そして、さらにさらに、自分のもてる力を発揮するようになりました。

当たり前のことだからこそ難しい。


まずは、お母さん、あなたの話を最後まで聴いて、どう思ったか。

お子さんに尋ねてみることから始めてみてください。

人の話を最後まで聴かない、なんかイヤな大人になるか。

誠実な、清々しい大人になるか。

当たり前だけど難しい、ほんのちょっとしたことから始めることができますよ。

あなたはお子さんに、どちらの大人に成長してほしいですか?


最後までお読みくださり、ありがとうございます!

藤原先生でした。

お問い合わせはこちらのフォームが便利です

24時間365日、気軽にお問い合わせくださいね。
フォームはこちらです

勉強嫌いの子がやる気になる家庭学習の秘訣はコチラ

無料メール講座『5日間で分かる子どもが勉強に夢中になる秘訣』の ご紹介
今スグ!無料メール講座に ご登録 はコチラ

この記事を書いたプロ

藤原伸浩

藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

藤原伸浩プロのその他のコンテンツ

Share

藤原伸浩プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6724-3729

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤原伸浩

合同会社ReON / きぼう塾

担当藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

地図・アクセス