まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤原伸浩

子どもの心と学力を育てる地域密着学習教室講師

藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

合同会社ReON / きぼう塾

コラム

今日は漢字学習のご質問にお答えします!

子どものやる気が出る秘訣

2017年9月29日 / 2018年8月20日更新

こんにちは!

東村山・萩山駅徒歩5分 小学生の第2の勉強部屋「きぼう塾」塾長

元小学校教師の心理カウンセラー 藤原先生です。


小学1年生の漢字学習についてご質問をいただきました!


先日の記事で、小学1年生の漢字学習についてご紹介しました。

すると、いくつかのご質問をいただきました。

今日はご質問にお答えしていきますね。



Q.1年生の時、漢字が苦手になるきっかけは?

A.お子さんの心が追いついていないんです!

これは意外と気づかないものです。

漢字以前に、ひらがな、カタカナを学習していますよね。

一番最初、ひらがなの学習の様子を思い起こしてみてください。

お子さん、抵抗なく進めていましたか?

そして、こんな様子は見られませんでしたか?


必要以上に書き直しをしたり、時間をかけたりしている様子。

手本を見ながら書き写すのが難しい様子。

そもそも字を書くことを嫌がっている様子。

これって、字の学習はドンドン進んでいくけれど・・・

お子さんの心が置いてけぼりにされているサインなんです!


ここがポイントです!


ここがポイントです!

ひらがなであれ、カタカナであれ、漢字であれ、字を書くことはとっても頭を使います。

目で見て、字の形をとらえる。

書こうとする字の形と同じように、手先を動かして書く。

手先を動かすスピードを、調節する。

もちろん、えんぴつを握る力の調節も必要。

そして、マス目などに収まるように大きさを考えて書く。

というように、字を書くって結構しんどい作業なんです(汗)

時には、先生や親御さんから書き直しを強要?!されたりして面倒(笑)

そもそも字を書くことにプラスの気持ちがなかったら、しんどくて面倒であれば避けたくなります。

避けたいマイナスの気持ちが大きかったら・・・

やり遂げられる課題であったとしても、本来もっているお子さんの力は発揮できませんよね。

そんな時、どうすれば良い?


もしかすると、カタカナと一緒に漢字を進めている学級もあるかもしれません。

そういう場合は要注意です!

もしも、上で挙げたようなお子さんのサインを読み取ったなら、一度立ち止まってほしいのです。


そして、訊いて(問いかけて)あげてください。

お子さんが字を書くことで、どんなことに困っているのか?

どんなやりづらさがあるのか?

どうなったら字を書くことは嫌でなくなるのか?

そんな質問を投げかけ、じっくりお子さんの気持ちを受けとめてあげること。

字を書くことへの抵抗感はグッと小さくなりますよ。

もちろん、プラスの気持ちで漢字の勉強に向き合えるようになります。

どうやってしんどくて面倒な勉強を、面白く楽しく変えていけるか考えるスイッチが入ります。

自分に合った漢字学習の進め方は必ず見つけられます。


ご質問にお答えします①はここまで。


他には・・・

Q2.自信をつけさせる漢字学習の「読みの先取り学習」について、もう少し詳しく教えてもらえませんか?

Q3.「読み学習の先取り」って、具体的にはどうすれば良いの?

といったご質問をいただいていますので、引き続きお答えします。


ご質問は随時お受け付けしています!

お気軽にお声かけくださいね。


最後までお読みくださり、ありがとうございます!

藤原先生でした。

勉強嫌いの子が「勉強で遊ぶ」ようになる無料メール講座はコチラ

子育てで悩みの多い勉強の心配がある!
そんなお母さんは、楽しんでスカッと解決しちゃいましょう!
➡無料メール講座『5日間で分かる子どもが勉強になる秘訣』の ご紹介
➡今スグ!無料メール講座に ご登録 はコチラ


お問い合わせはこちらのフォームが便利です

24時間、いつでも思い立った時に
すぐお問い合わせくださいね。
遠慮はいりませんよ〜
➡︎フォームはこちらです

この記事を書いたプロ

藤原伸浩

藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

藤原伸浩プロのその他のコンテンツ

Share

藤原伸浩プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6724-3729

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤原伸浩

合同会社ReON / きぼう塾

担当藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

地図・アクセス

藤原伸浩のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-08-19
rss
rss
2018-08-19
facebook
facebook