まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤原伸浩

子どもの心と学力を育てる地域密着学習教室講師

藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

合同会社ReON / きぼう塾

コラム

すすんで勉強する子が育つ親の関わり方

子どものやる気が出る秘訣

2017年4月16日 / 2018年9月14日更新

こんにちは!

東村山・萩山駅徒歩5分 小学生の「第2の勉強部屋」 きぼう塾をしている、元小学校教師の心理カウンセラー 藤原先生です。 

全国対応の個別ネット通信教育もしています。 

親が言わなくても自分から勉強してほしいのだけど・・・


親が言わなくても自分から机に向かって、すすんで勉強する子に育ってほしい。

そんな風に考える親御さんは少なくないでしょう。


現実はそう甘くはありませんよね。

「勉強しなさい!」

「宿題はやったの?」

「この点数はなに!」

なぁんて、親がガミガミ言わなければダメな場合がほとんどです。

でも実は、親子の関係をちょっと見直すだけで変わり出すんですよ。

ほんの少し関わり方を変えてみるだけで良い


親自身のお子さんへの関わり方をちょっと変えてみる。

そんなところから、子どもがすすんで勉強するようになるとしたら、試してみたいと思いませんか?


大丈夫、ちょっと変えてみるだけです。

本当にちょっとだけ変えるだけで、お子さんがすすんで学び出す関わり方をご紹介しますね。

「買い与えただけだった本や絵本を読み聞かせよう」


子どものためを思って、わが子に本や絵本を買い与える親御さんは多いです。

買い与えた本や絵本を、お子さんは読んでいますか?


おそらく、相当本が好きでない限り、自分から読む子は少ないでしょう。

買い与えた直後、一緒にその本や絵本に触れる機会をもちましたか?


お母さんだって、家事に仕事にと忙しい毎日を送っていたり、子育てで疲れていたりしたら、読んであげることができません。

買い与えただけで自分で読んでくれるだろうという期待があったりします。

わが子が「この本読んで!」と甘えてきても、後回しにしてしまっているかもしれません。

「後でね」

「明日読んであげるね」

「今日は疲れているからごめんね」

などですね。

本や絵本に一緒に触れる機会が「はじめの一歩」


毎日とは言いません。

でも今、このブログを読んでハッとしたなら、今日、いますぐに買い与えただけの本や絵本に一緒に触れる機会を作ってみてください。

ぜひ、読み聞かせてあげてほしいのです。


「日課のような読み聞かせは、生涯にわたって自ら学び続ける姿勢を子どもに身につけさせることにつながる」

心理学の研究でも、実証済みです。


ふと思い立ったら、子供の本棚に目をやって、買い与えただけだった本や絵本がないか探してみてください。

見つけたなら、ぜひ読み聞かせてあげることをオススメします。

そんなあなたの変化に、お子さんの心は大きく揺り動かされます。

子どもがすすんで勉強するようになる、一番簡単なアプローチです。


一緒にやると、意欲が湧いてくる


なぜ子どもがすすんで勉強しないのかと言ったら、勉強しようとする意欲が湧いてこないからというのが大きな理由の一つです。

意欲を湧かせるのは何か特別なことではなく、生活の中で「こうしたい!」・「楽しい!」ということを感じられる機会を増やすことが必要なのです。


本や絵本を買い与えるというのは、とても素晴らしいことです。

でも、それだけで子供が自分から本を読むようになるかといったら、それは違います。

親子で一緒に読んだり、話題にして盛り上がったりすることで、お子さんは「読んでみたい!」・「本を読むのって楽しい!」と気づいていくのです。

勉強も同じです!


本来なら、学校で先生や友達と一緒に学ぶことで、「もっとできるようになりたい!」・「勉強って楽しい!」と気づくはずなのですが・・・

一斉指導の中で、十分に勉強の意欲が湧いていない状態だから、自分一人ではすすんでやろうとは思わないわけです。


忙しい毎日の中で、お子さんと一緒に勉強するというのは簡単ではないと思います。

それならば、お子さんに寄り添いながら勉強の意欲を湧かせる個別指導を使ってみるのもひとつの選択肢ですね。


まずは、置かれたままになっている買い与えただけの本や絵本を取り出して、お子さんと一緒に触れてみてください。

自分から本を読み出し、自分から学ぼうとする姿勢に必ずつながりますから。

自分から読もう、学ぼうとするお子さんの姿勢は、社会を生き抜く確かな力になりますよ。

私も全力でサポートします!


今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

藤原先生でした!

この記事を書いたプロ

藤原伸浩

藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

藤原伸浩プロのその他のコンテンツ

Share

藤原伸浩プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6724-3729

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤原伸浩

合同会社ReON / きぼう塾

担当藤原伸浩(ふじわらのぶひろ)

地図・アクセス