マイベストプロ東京
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ東京
  3. 東京の美容・健康
  4. 東京のエクササイズ・フィットネス
  5. 竹内恵津子
  6. コラム一覧
  7. 楽しいフィットネスプログラム オンラインフィットネス「オンライン血管ストレッチ加圧エクササイズ」

コラム

楽しいフィットネスプログラム オンラインフィットネス「オンライン血管ストレッチ加圧エクササイズ」

2022年9月22日

テーマ:おうちで出来る、オンラインフィットネス

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 美脚ダイエット 運動アンチエイジング

「オンライン血管ストレッチ加圧エクササイズ編」


今回は、オンライン血管ストレッチ加圧エクササイズについてご紹介します。
コロナ禍の今やオンラインであらゆる種類の、フィットネスエクササイズや
ヨガクラスなど、さまざまなクラスが気軽に受講できるようになりました。

ただ、私は加圧エクササイズに関してはオンラインでは
無理だろうと思っていました。

しかし、オンライン加圧エクササイズを研究開発し、
実際に協会を立ち上げている前田隆雄トレーナーとの
出会いを通して、考えを改めました。

前田氏は、パーソナル加圧トレーニングスタジオ「コアライン」の代表として、
「運動しながら血管、関節、骨格を再生し健康になる」をモットーとして、
整体(タウトニング)と、パーソナル加圧トレーニング指導を融合した
さまざまな技法や運動療法を研究し、経験を積み重ねながら、
「血管ストレッチ加圧」というメソッドの開発にたどり着きました。

そして、私もオンラインでのインストラクター養成講座に参加し、
オンライン血管ストレッチ加圧エクササイズ認定インストラクター
の資格(BVS認定インストラクター)を習得しました。

Covit-19(新型コロナウイルス)の世界的感染拡大の中、新しい生活様式に合わせた
メソッドを開発されたわけです。

まず、加圧トレーニングと整体を融合し
「運動しながら血管、関節、顧客を再生し健康になる」
をモットーとして、パーソナル
加圧トレーニング指導の経験を積みながら、さまざまな技法や運動療法を
学び試行錯誤を繰り返しました。

その結果、「血管ストレッチ加圧」というメソッドにたどり着きました。
このメソッドは、加圧エクササイズジム「コアライン」
代表の前田トレーナーの研究、開発によるもので、
オンライン加圧エクササイズも実現することになりました。


*血管ストレッチ加圧エクササイズについて


血管ストレッチ加圧エクササイズは、加圧ベルトにより血流を適度に制限して行います。
ベルトで加圧した状態で、筋肉運動をし、血管の拡張・収縮を
繰り返すことにより、人間の体内にある約90%の毛細血管の弾力性を高めることがで
きると考えられています。

 さらに、血管の内側を覆っている血管内皮細胞の働きが高まることによって
一酸化窒素が増加するメカニズムです。自然界に存在する一酸化窒素は有害ですが、
体内で合成される一酸化窒素は血管の若さを保つためにはなくてはならない物質です。


血管ストレッチ加圧エクササイズによって老化による血管の硬化を予防し、
しなやかで弾力のある血管を維持することによって、
健康で若々しい毎日を送ることが可能となります。

血管ストレッチ加圧エクササイズを習慣づけることで、
(1)血管の弾力性アップ
(2)若返り
(3)筋力アップ
(4)ダイエット効果や代謝アップ
(5)疲労回復
ホルモンの活性 などの効果が期待されます。

*血管ストレッチ加圧エクササイズの魅力


 短時間、短期間、低負荷で効果が出るエクササイズです。
加圧をすることによって、通常よりも成長ホルモンの量が、
100〜300倍も分泌されると言われています。

通常、乳酸が出る状態にするには、長時間、高負荷のトレーニン
グをしなければなりません。
しかし、腕や脚の付け根にベルトを巻くことによって血
流が制限されて、500mlのペットボトル程度のダンベルを用いて、
5〜15分程度のエクササイズをすれば乳酸が出てきます。

乳酸がたまると、筋肉が錯覚を起こします。            
このままでは身体が危ないと、筋肉の受容体から脳下垂体に指令が出され、
脳下垂体からたくさんの成長ホルモンが出てくるのが加圧のメカニズムです。

成長ホルモンが通常よりもたくさん出ることによって、
筋力がアップし、太りにくい身体への体質改善
体温を上昇させて免疫力アップにつながります。

血管ストレッチ加圧エクササイズは、BVS ベルトを正しく安全に使用して
お一人お一人にあったエクササイズを行うために、
協会の認定を受けたインストラクターが、
マンツーマンで丁寧に行うパーソナル指導です。

日本血管ストレッチ協会https://bvsa-jp.online/

加圧エクササイズは、加圧ベルトを自分自身で巻きます。

腕のベルトの巻き方





腕のエクササイズ
キックバック



サイドレイズ



足のベルトの巻き方



サイドスタンススクワット



こんなエクササイズをします。畳一畳分くらいのスペースで
しっかり、代謝アップのためのトレーニングができます。

加圧エクササイズは、時短トレーニングとも言われています。

この記事を書いたプロ

竹内恵津子

バランスボールエクササイズの専門家

竹内恵津子(P-WAVE)

Share

竹内恵津子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-9386-2612

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹内恵津子

P-WAVE

担当竹内恵津子(たけうちえつこ)

地図・アクセス

竹内恵津子プロのコンテンツ