まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
櫻澤博文

キラキラ輝く健康社員づくりをサポートする医師

櫻澤博文(さくらざわひろふみ)

合同会社パラゴン

コラム

ストレスチェックの実施者になれるものの「医師、保健師等」の「等」とは誰なのか、その選考方法は

「医師、保健師等」の「等」とは誰のことを指すのかを今回は解説致します。


「ストレスチェック」の実施主体となれる者として厚生労働省令で定める者とは
医師、保健師の他に、一定の要件を具有しているか、一定の研修を受けた看護師、
精神保健福祉士が含まれています。

しかしながら「ストレスチェックと面接指導の実施方法等に関する検討会」という学識経験者による検討を踏まえた「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する検討会報告書」では、事業場の状況を日頃から把握している者(産業医等)がストレスチェックの実施者となることが望ましいとしています。

しかし“産業医は選任したものの・・・”という声は多くあることでしょう。

また、確かに事業場の状況を把握できるからといって、産業医であればどの産業医をも実施者にして良いのかというと、そうではないでしょう。その産業医に対する品質保証があるのかの吟味が必要でしょう。

実際に国は、「労働衛生コンサルタント」という国家資格を。日本産業衛生学会は学会認定指導医や専門医資格を。
そして国内の産業医学・産業保健をリードする産業医科大学は「メンタルヘルスエキスパート産業医」資格を用意し質的吟味に耐えられるようにしています。

これらの資格を持っている医師・・・いわば『プロフェッショナル産業医』であれば安心です。

この記事を書いたプロ

櫻澤博文

櫻澤博文(さくらざわひろふみ)

櫻澤博文プロのその他のコンテンツ

Share

櫻澤博文プロのその他のコンテンツ