マイベストプロ東京
くしもとちあき

パンをメインに食と地域と人をつなぐ専門家

くしもとちあき(くしもとちあき) / 料理研究家

pique-nique

コラム

【簡単レシピ】巣ごもりおウチ時間に!クレセントロール

2020年3月9日 公開 / 2020年10月26日更新

テーマ:料理

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 料理講座

こんにちは。

巣ごもりおウチ時間に何か作ろうかな、なんてときに。
ちょっとの時間で焼けるかんたん手作りパンをご紹介♪
ぜひお試しいただけたら嬉しいです。

クレセントロール

さて、今日は…
パン教室pique-niqueでもおなじみの【クレセントロール】をご紹介します♪

塩気が特徴の三日月形のパン『クレセントロール』。
全体でも1時間半ぐらいで焼けちゃうとっても手軽なパンです。
トッピングしたハーブがふわりと香りますよ。

【クレセントロール】6個分
★強力粉/150g
★薄力粉/50g
★白神こだま酵母/4g
★30℃程度のぬるま湯/90cc
★塩/4g
★きび砂糖/10g
★牛乳/50cc
★無塩バター/5g
★岩塩/少量
★ローズマリー/適量

①30℃程度のぬるま湯の準備をし、その中に白神こだま酵母を振り入れて5~10分ほど置き、サラサラになるまで完全に溶かす。

②ボウルに粉、塩、きび砂糖を入れて、ざっと空気を含ませるように混ぜ、中心に窪みを作り、その中に溶かしていた酵母と牛乳を入れる。※牛乳は使う前に冷蔵庫から出しておくとGOOD!

③ざっくりと混ぜていき、生地が少しまとまってきたらテーブルに出し、生地を転がしこねる。

④生地全体が滑らかになったら、無塩バターを生地全体に練りこむ。

⑤約10~15分ほどを目安に生地をこね、丸めて閉じ目を下にし、乾燥に注意しながら室温でベンチタイム20分をとる。

⑥生地を手のひらで押しガスを抜き、めん棒で30cm程の円形に伸ばし、ピザのように生地を6分割する。

⑦ピザのようにカットした三角形の生地の外側が手前になるように置き(手前▷)、手前からくるくると巻いていき、三日月のようにカーブさせて、とじ目(▷とじ目)が下になるように天板に並べる。

⑧乾燥に注意しながら少し休ませて最終発酵させ、表面に霧吹きをして岩塩とローズマリーをトッピングする。

⑨オーブンを予熱し、200℃で10~12分焼成する。

クレセントロール

絶妙な塩気がクセになるクレセントロール。
おウチ時間にぜひ作ってみてくださいね♪

この記事を書いたプロ

くしもとちあき

パンをメインに食と地域と人をつなぐ専門家

くしもとちあき(pique-nique)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

くしもとちあきプロのコンテンツ