まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
甲田一歩

ビジネスアロマでQOLを高めるアロマテラピーの専門家

甲田一歩(こうだかずほ)

pinkbutterfly(ピンクバタフライ)

お電話での
お問い合わせ
090-1811-0290

コラム

香りを使った職場環境の改善

社員のストレスケア

2016年10月24日 / 2016年10月31日更新

こんにちは。

アロマで快適生活を提案する、香りディレクターの甲田 一歩です。

みなさんは香りが好きですか?
職場に香りがあったら、どうでしょう?

今、色々な場面で香りが使われていて、日本人にも身近になった香り。
「アロマ」という言葉も、商品価値を高めるワードとして
様々なシーンで使われるようになりました。




アロマテラピーは女性向け?


アロマというと、女性向けのものととらわれがちです。
実際、私自身も男性にアロマの話をすると

うちの会社は男性ばかりだから…
うちの職場は女性が少ないから…

というお言葉をいただきます。

”アロマ男子”なんていう、女子力の高い男性がアロマを使っていることを表現する言葉もありますが、私がアロマを提供させていただいている企業様では、男性の反応がとても良いことを痛感します。

アロマが職場環境を良くしていると男性社員が感じているのは、アロマ男子だからではありません。
鼻から入った香り成分は、嗅細胞などを経て脳の大脳辺縁系に直接刺激を与えているのです。

香りが脳のスイッチを押すイメージです。

疲労→リフレッシュ…
不快→快…
イライラ→落ち着き…
不安→勇気…

実際に香りを職場で使っていただいた方から

○気分転換になる。
○精神的な疲れが癒される。
○お客様との会話がスムーズに始められる。
○緊張する場面でも、緊張がほぐれた

などの感想をいただいております。

ここまで聞くと、男性の方にも…男性の方にこそ、香りの職場環境が必要だと感じませんか?


1日のほとんどを過ごす職場を今日から快適に!



仕事場には何時間いますか?

6時間?8時間?10時間?

1日24時間なので、6時間職場にいるとしたら4分の1を職場で過ごしていることになりますね。

1日の4分の1を不快な職場で過ごすのと、快適な環境で過ごすのでは、ストレスのかかり方が変わってきます。
ストレスを溜めやすい職場環境では、自律神経のバランスを崩し、うつ予備軍の社員が増えてしまう。
もしくは、バランスを崩す前の予防としての離職者が増えてしまう。
…最悪の場合は命を落としてしまいます。

そうならないために、企業では様々な努力が必要とされているのです。

社員50人以上の起業ではストレスチェックも義務化されました。
11月までに、ストレスチェックをするようですが、どんな結果だったのでしょう。


職場環境が改善されて、みんなが快適に笑顔の絶えない、やる気みなぎる前向きなオフィスっていいですよね。
香りをオフィスに導入することで職場環境を変えると、様々な変化が感じられると思います。





職場の香りって?



香りで職場環境を改善し、ストレスのない職場環境をつくるためにとても重要なことがあります。

それは、香りの選び方です。

アロマという言葉が広がりはじめ、色々な商品に強い香りがつけられました。
中には、満員電車で他人の衣服の香料が強くて、頭痛や吐き気を感じる方もいると、消費者センターも以前発表しました。

人工香料はとても香りが強く、敏感な方は頭痛や吐き気を感じる方がいるようです。
また、人工的な香りによって、化学物質過敏症を引き起こした例もあると聞きます。

しかし、私が職場でおすすめする香りは、植物から摂れた精油(エッセンシャルオイル)です。
古代から人間は、植物に心と身体の健康を助けられ、現代では、アロマテラピー(芳香療法)へと形を変えています。

実際、香りを導入いただいたオフィスでも、もともと香りで頭が痛くなると仰られていた男性がいましたが、天然の香りでは頭痛を感じない。と、その違いに驚いています。


植物の恵みであるアロマテラピー。
香りのあるオフィスで、快適な環境作りを取り入れてみませんか?

甲田 一歩

アロマ講座でストレスケア
http://mbp-tokyo.com/pinkbutterfly-kirakira/column/56666/

アロマテラピーはストレスマケアにも



アロマテラピーの理論使った、香りによるメンタルヘルスケア。
ストレスを抱えた社員がいる企業での福利厚生としてのアロマ講座、アロマ空間の提案、コンサルティングなど、様々なご要望に応じます。

香りを楽しむ癒しの講座から、ストレスからうつになるまでのメカニズムや、自律神経、睡眠や栄養など

この記事を書いたプロ

甲田一歩

甲田一歩(こうだかずほ)

甲田一歩プロのその他のコンテンツ

Share

甲田一歩プロのその他のコンテンツ