まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
甲田一歩

ビジネスアロマでQOLを高めるアロマテラピーの専門家

甲田一歩(こうだかずほ)

pinkbutterfly(ピンクバタフライ)

お電話での
お問い合わせ
090-1811-0290

コラム

interiorlifestyle tokyoに行って感じたこと

アロマ空間

2016年6月2日

こんにちは。



アロマで快適生活を提案する、アロマテラピーインストラクターの甲田一歩です。



昨日、東京ビッグサイトで開催されている「interiorlifestyle tokyo」にご招待いただきました。






香りが求められている時代





色々なインテリア、ライフスタイルの提案。

新しいデザインの発信などが行われているこの展示会。


食器やファブリック、雑貨、調理器具、食品…

色々な商材が並ぶ中、やはり、香りの商品も多くありました。



ほとんどがアロマスティックタイプのリードディフューザーでしたが、香りが彩る空間が求められている時代になっていることを感じました。



スティックタイプのリードディフューザーは、瓶のスタイルなども色々な雰囲気のものがあり、とても素敵でした。


ただ、香りがいつまでも滞留する人工香料が使われている品がほとんどでした。


やはり、アロマテラピーで使用するような、天然成分の精油では広範囲を香らせることは難しいのです。


人工香料も良い香りではありますが、頭痛を起こす方も意外と多くいらっしゃる為、パブリックなシーンでは使用には注意が必要です。


せっかく、良い香りで印象付けようと思っていても、逆効果になってしまっては、元も子もありません。


とはいえ、香りの商品がこんなに多いのは、やはり香りに対して敏感な世の中になっているからなのだろうと思います。



企業のブランディングなどにも、インテリアと同時に香りが取り入れられる時代。



あなたのオフィスでも、香りの空間を取り入れませんか?


[[香りの空間の利点]]



オフィスに香りを取り入れるのは、癒しの効果だけではありません。



会議室で使えば、ひらめきや集中力がアップし、会議をスムーズに進めるのに役立ちますし、午後の眠い時間にも脳を覚醒させるのに効果的です。



受付や応接室では、企業のイメージアップに繋がるでしょう。



甲田 一歩

アロマテラピーはストレスマケアにも



アロマテラピーの理論使った、香りによるメンタルヘルスケア。
ストレスを抱えた社員がいる企業での福利厚生としてのアロマ講座、アロマ空間の提案、コンサルティングなど、様々なご要望に応じます。

香りを楽しむ癒しの講座から、ストレスからうつになるまでのメカニズムや、自律神経、睡眠や栄養など

この記事を書いたプロ

甲田一歩

甲田一歩(こうだかずほ)

甲田一歩プロのその他のコンテンツ

Share

甲田一歩プロのその他のコンテンツ