マイベストプロ東京
岡田宏之

中小企業の知財を守る弁理士

岡田宏之(おかだひろゆき)

パール国際特許事務所

お電話での
お問い合わせ
03-3988-5563

コラム

弁理士、特許事務所に相談するタイミング

2017年6月5日

テーマ:知財全般

 皆様の会社では、弁理士や特許事務所とお付き合いがあり、特許や商標について、いつでも相談できるようになっていますか?
 もし、そうなっていないのであれば、今のうちに、弁理士や特許事務所を探して、いつでも相談できるようにしておくことをお奨めします。
 相談料が発生する事務所もありますが、相談料無料の事務所も多くあります。また、弁理士会でも無料相談を実施していますので、一度、話をしに行ってはどうでしょうか?

 特許や商標について、何もしておらず、すぐに何かをする予定が無いかもしれません。そのような場合であっても、何もしないことで問題がないか、認識していないリスクがあるのか、を知っていただくだけでも意味があると思います。
 「自社では、特許権や商標権の取得を考えていない」という場合であっても、他社に権利を取られ、それにより自社の実施が他社の権利侵害となってしまい、最悪の場合、自社の実施ができなくなくなることも考えられます。

 また、「アイデア段階だけれども、将来的に特許権や意匠権などの取得を考えている」というのであれば、スケジュール、費用等のイメージを掴むこともできます。
 各特許事務所のホームページには料金表が載せてあることもあります。しかし、例えば、出願時の費用だけ見て手続きを依頼すると、そのあと、権利化までの手続きにおいて、その都度費用が発生し、気が付いてみれば、出願時の費用の数倍の費用がかかってしまうということもあり得ます。
 また、権利化までの期間が思ったよりも長くかかり、営業等に支障がでるということも考えられますし、弁理士が出願をサポートした場合であっても、残念ながら権利化できないこともあります。
 これらのことについては、早めに全体像を掴むことで、計画が立てやすくなると思います。

 新たに特許や商標の権利取得の相談に来られる方の場合、相談に来られた時には、すでに手遅れということも珍しくはありません。そうならないためにも、早めのご相談をお薦めします。
 特許や商標等、知財に関して、何らかの対応が必要という印象を受けられたら、対応をさらに検討すればよいですし、現状の体制で問題ないという、専門家の回答が得られたら、それも大事な収穫ではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

岡田宏之

中小企業の知財を守る弁理士

岡田宏之(パール国際特許事務所)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

岡田宏之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3988-5563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡田宏之

パール国際特許事務所

担当岡田宏之(おかだひろゆき)

地図・アクセス

岡田宏之のソーシャルメディア

facebook
Facebook

岡田宏之プロのコンテンツ