まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
菅原邦夫

医療施設のリフォームや増改築に強い一級建築士

菅原邦夫(すがわらくにお)

株式会社 パンダ設計

コラム

受付カウンターのリフォームで、好印象に、かつ事務作業を効率化

 診療所の受付は、患者さんを始めにお迎えする診療所の顔ともいうべき大事な場所です。しかし古い診療所の受付はカウンターの高さが高くシャッターが付いていたり、ガラスに小窓をつけたりといったつくりが多く、患者さんを歓迎する体制にはなっていないように思われます。

 リフォームするなら開口部を広くとりオープンカウンターとし、一般の患者さんと車いすの患者さん双方に使いやすいように、カウンターの高さを二段式としましょう。カウンターの奥行きも車いすの方の足が入るように深めにすると、スムーズに受付ができます。

 ただ、オープンカウンターにすると事務やレセプト担当のスタッフの作業まで丸見えになってしまって仕事がしづらい、カルテなどの患者さんのプライバシーが心配といった問題が生じます。実際、最近もそのようなご相談を受けたのですが、この場合はローパーテーションを使って受付に来られた患者さんや待合室の患者さんの目線を遮ることで解決しました。

 「今までは裏方まで何でも丸見えでやりにくかったけれど、パーテーションを置くことで落ち着いて仕事を進められるようになった。」

 改装を終えたクリニックのスタッフの方の感想です。パーテーションなどで空間を上手に区切って、空間の一体性を有効に活用する。私はそういった設計を心がけています。

 近年はカルテを電子化されるドクターも多く、これまで必要だったストックヤードが不要になり、そのスペースを受付や待合室に使えるようになって来ました。患者さんにとってもスタッフにとっても使い勝手のよい受付カウンターにリフォームしませんか。

-----------------------------------------------------
株式会社 パンダ設計
東京都豊島区東池袋1-47-2 サニーハイム池袋 303
03-6914-2802
http://www.panda-arch.jp/

事例|医院増改築工事/耐震診断/補強工事
http://www.panda-arch.jp/p01/p01.html
事例|医院リフォーム内装工事
http://www.panda-arch.jp/p02/p02.html
事例|医院新築工事
http://www.panda-arch.jp/p03/p03.html
-----------------------------------------------------

医療リフォームコム
http://www.iinreform.com/

この記事を書いたプロ

菅原邦夫

菅原邦夫(すがわらくにお)

菅原邦夫プロのその他のコンテンツ

Share