マイベストプロ東京
大塚裕司

爪と体の相関からスポーツを追求するアスリートネイルトレーナー

大塚裕司(おおつかひろし) / アスリートネイルアドバイザー

株式会社チア・アトリエ

大塚裕司プロのご紹介

スポーツの新常識!スポーツが強くなる可能性を秘めた「アスリートネイル」(1/3)

大塚裕司 おおつかひろし

爪を手入れすることにより、選手の実力を引き出していく「ネイルケア」

 スポーツパフォーマンスの精度を上げ、ワンランク上の勝利を狙いたいアスリートはいませんか?

 大塚裕司さんは、アスリートの爪を守るアスリートネイルトレーナーです。元日本代表選手からスポーツ愛好家まで「爪はアスリートの生命線」と伝え、指先から常時100%の力が発揮できるよう、ネイルケアに努めてきました。

 「投げる、つかむ、走る、跳ぶ。スポーツで全身の力が集まり最後に解き放つのは、指先です」と大塚さんは言います。

 「スポーツで筋肉や体幹を鍛える人は多いですが、指先のコンディションに気をつける人はまだ少数です。しかし、指先を保護し、骨の代わりに指先の力加減を調整しているのは、爪です。爪がないと箸がうまく使えないほど、指先の感覚に重要な役割を果たしています」

 大塚さんは、スポーツにおける爪と身体の関係を研究し、骨格構造や体のバランスを体系立てて整理。爪の重要性をわかりやすく伝えています。
 大塚さんが「スポーツと爪」に情熱を注ぐのには理由があります。それはフルマラソンを完走したものの、両足の爪が剥がれたことが原因で、ひざを壊した経験でした。

 「足の爪がないと体を適切に支えることができず、バランスが揺らぎます。また、地面を蹴る力を爪で受け止められず、関節まわりに代償運動を引き起こし、ひじやひざに余計な負担がかかります。手の爪も同様に大切です。しかし、日本では爪のコンディショニングがあまり浸透していません」

 日頃から爪の手入れをして、自然な運動動作ができる状態を保つことで、ひじ・ひざなどのけがの予防につながるそうです。

Share

大塚裕司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6261-5589

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚裕司

株式会社チア・アトリエ

担当大塚裕司(おおつかひろし)

地図・アクセス

大塚裕司のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2021-10-30
rss
ブログ
2021-11-19
youtube
YouTube
2021-08-02
facebook
Facebook

大塚裕司プロのコンテンツ