まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
成田万寿美

伝わる声と話し方を指導するスピーチコンサルタント

成田万寿美(なりたますみ)

On Air (オンエアー)

コラム

宣言の力・言葉の力

2017年12月29日

こんにちは!
成田万寿美です。

2017年もいよいよ幕を閉じますね。
どんな一年でしたか?

宣言の力

私は2年前に大病をし、
退院したのは、ちょうど2年前のクリスマスでした。
ドクターからは「半年下さい」と言われていましたが、
「私はクリスマスに退院してシャンパンで乾杯します」
と宣言し、本当に2ヶ月で退院しました。
「宣言の力」ですね。

言葉の力

その退院の日、
私を見送って下さった一人の女性のことがずっと気になっていました...。
入院中、私は同じ病棟の人を励ますことが好きで、
先に退院して行く人を何人も笑顔で手を振って見送りました。
でも、どんなに親しくなったても連絡先交換は敢えてしませんでした。
ここでのご縁に感謝して、
「お元気で良き人生を!」と願うだけでした。
それでも、退院していかれるときに、ハグや握手をしながら、
「あなたに会えて良かった!」
「明るい笑顔と声から元気もらった!」
と言って頂き、その”言葉”に私もまた励まされていました。
言葉はこだまのように自分に返ってきますね。

あれから2年。
私の退院を見送って下さった女性と、先日、外来で再会しました。
「お元気だったのですね!」
その後しばらく言葉が出てきませんでした。
彼女は、私の退院から半年近くも、
無菌室で抗がん剤治療を繰り替えされたとその時知りました。
「頑張りましたね!」とお伝えすると、
「成田さんの言葉があったから頑張れたのよ」
とおっしゃるではないですか?
「自分の病気を嘆き落ち込んでいた時、成田さんがこう言ったの。
暴漢に刺されて亡くなったり、バス事故で命を奪われた若い人達もいるのよ。
どんなに無念かしら。
私達は自分が頑張れば生きられる可能性があるのだから幸せね!って。
その言葉があったから半年間の治療に耐えられたの」と。

私は忘れていましたが、そんなことを言っていたのですね。
改めて、「言葉の持つ力」を知りました。
何気なく使う言葉を大切にしたいですね。

来年も、声の大切さ、伝わるスピーチ、豊かな日本語を
お伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

2018年が、皆様にとって、
素晴らしい一年になりますように。

成田万寿美

<スピーチコンサルティング・コーチングについて>
https://ameblo.jp/narittar/entry-10932159005.html

各種お問い合わせ

この記事を書いたプロ

成田万寿美

成田万寿美(なりたますみ)

成田万寿美プロのその他のコンテンツ

Share

成田万寿美プロのその他のコンテンツ