マイベストプロ東京
尾前美幸

契約者に寄り添う損害調査コンサルタント

尾前美幸(おまえみゆき) / 損害調査コンサルタント

尾前損害調査オフィス株式会社

お電話での
お問い合わせ
03-6853-6645

コラム

水害被害の保険料にも地域差が?

2020年1月14日 公開 / 2020年2月24日更新

テーマ:損害保険の知識

コラムカテゴリ:お金・保険

昨年より各保険会社が金融庁へ認可の議論をしていましたが、とうとう2020年4月より、
大雨時などに住宅が浸水する危険度に応じて地域別に損害保険料が決まる制度が導入されます。

まずは楽天損害保険が国土交通省のハザードマップをもとに水害被害のリスクを計算し、保険料で最大年1万円程度の差をつけるとの事で、大手の東京海上日動火災保険も検討を始めており、おそらく業界全体がこの制度を導入してくると思われます。

新宿区、渋谷区は値下げの見通し

東京23区でみると江戸川区などで水害リスクが高く、河川に近い低地となっている地域が保険料引き上げの対象に該当する一方で、新宿区や渋谷区などの大半の地域では値下げになる見通しです。

近年は保険料の話しか出ていなかったので、値下げになる話は嬉しい事ですね。
しかしその一方で、値上げされる地域に住んでいるけど簡単に引っ越すことも出来ないし補償内容を外すことも出来ない。。そのような人達も沢山いらっしゃると思います。

度々コラムでもお話ししておりますが、自分の家は自分で守る以外ありません。
ご自身が加入されている補償内容をよく確認された上で、万が一の時は保険会社への事故報告を速やかに行って下さい。
また、ご自身で判断が難しい場合は私共がお手伝い出来る事があるかと思いますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

2020年は大きな災害もなく、無事に東京オリンピックが開催される事を願います!

この記事を書いたプロ

尾前美幸

契約者に寄り添う損害調査コンサルタント

尾前美幸(尾前損害調査オフィス株式会社)

Share

関連するコラム

尾前美幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6853-6645

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

尾前美幸

尾前損害調査オフィス株式会社

担当尾前美幸(おまえみゆき)

地図・アクセス

尾前美幸プロのコンテンツ