マイベストプロ東京
田村哲也

小規模事業所経営者の頼れる経営アドバイザー

田村哲也(たむらてつや)

office TAMURA (オフィス タムラ)

お電話での
お問い合わせ
090-5562-7502

コラム

「黄金比は3対7」

2019年4月15日 公開 / 2019年7月22日更新

「月3冊読んで3冊アウトプットする人」と
「月10冊読んで1冊もアウトプットしない人」
とでは間違いなく前者の方が成長する(らしい)

今週のネタ元は
昨年発刊の『アウトプット大全』

読みやすく
どこから読んでも
活用できるのでお勧めです

わかったつもりを卒業

どうやら人間は
読書をしたり講演を聞いたりしても
約9割の人が「わかったつもり」
になっているだけで
実際は知識として定着していない

冒頭の3冊と10冊の件がそうであるように
得た知識をアウトプットしないと
「わかったつもり」から抜け出せず
永遠にそこを卒業出来ない w

インプットとアウトプットの黄金比

大学生を対象に勉強時間のうち
*「インプット」(教科書を読む)と
*「アウトプット」(問題を解く)を
それぞれどのように時間配分して
勉強しているかを調べた研究によると

インプット対アウトプットの
平均的な比率は『7対3』

社会人においては
アウトプットの割合が4割以下の人が
全体の88%を占め
ほとんどの人がインプット中心

つまり学生も社会人も大半の人が
インプット主体の勉強をしているのが現実
(そういう教育でしたもんね)


心理学者:アーサー・ゲイツ博士の
実験によると・・・

小3から中2までの100人以上の子どもたちに
「紳士録」(人名年鑑)に書かれた人物プロフィールを
9分間で覚えて暗唱するように指示した結果

もっとも高得点を出したのは
*「覚える時間:インプット30%」
*「練習する時間:アウトプット70%」
のグループだった

アウトプット比率でいうと
初心者は6割・熟練者は7割の時間を
アウトプットに振りわけるのが
「効果的な勉強(学び)の方法」とまとめている

早い話・・・
「教科書をじっくり読むより
  問題をどんどん解いていこう」
っつーことは 高校時代の先生が言っていた
【過去問を徹底的に解きなさいっ!】
はロジック的に間違ってないわけだ w

誤解を恐れずに言うと
「学ぶ」より「真似ろっ‼」だな(うん)

取捨選択が肝

これだけインターネットが発達して
過剰なまでの情報氾濫状態

一人ひとりが相当意識しないと
インプットの数値を抑えられない

しかし間違ってならないのは
インプットを少なくして
アウトプットとの比率を整えるのではない‼

むしろ情報を積極的に取りに行き
いかに早く取捨選択するスキルを磨き続けるかだ

その上で
その倍のアウトプット(練習・問題・発信)をこなす

週一回の「このコラム」発信ですら
バタバタの自分ですが(今一度)心して取り組みます

研修パワポ

人の知識レベルを
《知らない》
 ↓ ↓ ↓ ↓
《知ってるけど出来ない》
 ↓ ↓ ↓ ↓
《出来る》
 ↓ ↓ ↓ ↓
《教えることが出来る》
とよく言い表すけど・・・ホントそう思う


お手伝いしている会社のスタッフさん向けに
数々の研修資料をPowerPointで作成する

*どうやったら伝わるか
*どうやったら刺さるのか

結果
発信(アウトプット)する私自身の
感度や理解が急速に加速するのを実感する

発信することで
様々な反応や声を耳にすることも出来
結果 多面的にQualityも上がる

たしかに
インプット過剰でアウトプットを怠ると
自分自身だけの咀嚼や思考に陥り

それ以上に注意しなければならないのは
いつしか自分の考えというより
世の中の無難な考えを探すだけの
感覚に陥ってしまうことだ

その点 毎日SNS等に何かしら
(意義ある)発信をしている方のエネルギーはすさまじく
まるで「IN 300」:「OUT 700」といった桁違いのパワーで
悠々と現代を泳いでいる(・・・人に出くわす)
脱帽だ <(_ _)>

そこまで出来なくとも
それがいいか悪いかは別としても

【インプット「3」:アウトプット「7」】

この黄金比率を
今日から意識してみるだけでも
“今”を生きるには必要な感覚だと
私は強く思います。。。

この記事を書いたプロ

田村哲也

小規模事業所経営者の頼れる経営アドバイザー

田村哲也(office TAMURA (オフィス タムラ))

Share

田村哲也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5562-7502

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村哲也

office TAMURA (オフィス タムラ)

担当田村哲也(たむらてつや)

地図・アクセス

田村哲也プロのコンテンツ