まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
澤泉仲美子

歯科助手をアシスタントのプロに育てるスクール校長

澤泉仲美子(さわいずみなみこ)

株式会社オフィスウェーブ / 一般社団法人日本歯科プロアシスタント協会

澤泉仲美子プロのご紹介

特別な資格のない歯科助手だからこそ、クリニックの司令塔になれる(1/3)

歯科助手をアシスタントのプロに育てるスクール校長 澤泉仲美子さん

スクールでは「歯科助手を副院長に育てたい」

 株式会社オフィスウェーブ代表の澤泉仲美子さんは、『日本歯科プロアシスタントスクール(PAS)』の校長兼メイン講師を務めています。PASは、歯科助手を“プロアシスタント”として育成するスクールで、歯科院長に向けて歯科助手の受講を勧めています。

「歯科助手の国家資格はなく、仕事にも専門性がないことからやりがいを持てなかったり、コンプレックスを感じている人も少なくありません。歯科業界の中でも離職率が高い職種の一つです。その一因として、歯科医院では十分なスタッフ教育ができないことが挙げられます。院長様は治療で忙しく、新人の歯科助手に対しても“現場を見て覚えて”というOJT研修が多いものです。しかし、仕事を覚えるより前に、 “自分には向いていない”とあきらめてしまう人も多いのです」

 人手不足の時代、せっかく採用した歯科助手をもっと現場で活躍させてほしい――そんな思いを込めて、「歯科助手の教育を当スクールにお任せください」と話します。

 専門職でないからこそ、「歯科助手は歯科クリニックという組織のさまざまな分野で活躍できる可能性を秘めている」と澤泉さんは考えています。PASのスローガンは「歯科助手を副院長に!」。修了生の中には、実際に副院長として活躍する歯科助手もいます。

「歯科助手を副院長という指令塔として、経営面やスタッフ教育などを任せられたら、院長様は本職である歯科治療に専念できます。歯科衛生士、歯科技工士も同様です。教育を受けた歯科助手は、院長様を強力にサポートできるのです。また、歯科医療が予防歯科にシフトしつつある昨今、患者様へのカウンセリングも重要な仕事。歯科助手がコミュニケーションスキルを磨くことで、口腔内の悩みや歯科恐怖症などデリケートな問題を抱えて来院される患者様に対して、高いホスピタリティを提供することもできます。その結果、歯科クリニックの評判は上がり、“患者様に選ばれる歯科医院”になれるのです」

澤泉仲美子プロのその他のコンテンツ

Share

澤泉仲美子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5615-8421

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

澤泉仲美子

株式会社オフィスウェーブ / 一般社団法人日本歯科プロアシスタント協会

担当澤泉仲美子(さわいずみなみこ)

地図・アクセス

澤泉仲美子プロのその他のコンテンツ