まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
寺田淳

シニア世代が直面する仕事と家庭の問題解決をサポートする行政書士

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

セミナー・イベント情報

 11月20日に開催された「シニア起業の準備は50代から。今から始める起業術とは?」を受講できなかった方からの再度の開催要請があったという事から、アンコール開催となりました。


 セミナーの内容は前回11月20日に実施したものと同一ですが、今回は二部構成となり、二部では起業家の「先達」である私自身の起業に向けた準備、起業後の苦労譚や仕事の楽しさや厳しさといった同世代ならではの実際の体験からくるアドバイスをディスカッションの中から伝えていくというものでした。

 今回も予定の席数が満席となり、50代が定年後に向けた考える第二の仕事への関心の高さを改めて痛感しました。

  マイベストプロ様からの依頼により、11月20日に50代に向けた起業をテーマにしたセミナー開催に講師として登壇することになりました。

  事前予約制で定員80名でしたが、満員御礼といううれしい結果になり、築地の朝日新聞社本社内読者ホールにて開催しました。

 
  主な内容は以下の通りです。

1)50才で考える「脱・先送り思考」とは?
2)なぜ起業・独立がブームなのか?
3)50才という立ち位置について
4)起業・独立の心構え
5)終わりに 


 何より大切なことは、周囲に流されたり、惑わされたり、頼りすぎない事、すべては自己責任であり独立するという事は、完全歩合制の仕事に就くという覚悟が必要といった内容で、起業以前の自分の立ち位置の確認から、どういう根拠で起業を選択したかといった実際に私が実践している問答集~徹底した意思の確認~をベースにしており、現実の厳しさを実感してもらうものです。

 よくある起業の際の会社設立の手続き、定款の作り方、助成金の手続きといった事務的なものではなく、その前段階を採り上げた内容は、他ではあまり見かけないものとしてこれまでも受講された方々から多くの御礼のメールを頂いたものです。

 【開催日時】
  2016年9月8日(木) 14時30分より~

 【開催場所】 
  東京都江東区住吉 終活カフェ「ブルーオーシャンカフェ」

 【テーマ】
  金融機関での成年後見開始の手続きについて

 【内容】
  相続とは異なり、名義人が健在な状態での金融機関の口座の取り扱いについて、
  一般の銀行とゆうちょ銀行の事例を参考にして簡単に解説していきます。

  他にも後見開始前に名義人が金融機関に出向けなくなった場合の対処法について
  実際の聞き取りをもとに解説していきます。



  おひとり様や銀行口座全てが世帯主一人の名義になっているような場合、いざこのような事態になった場合、周囲の人には大きな負担を強いることになります。 少なくともどういった手立てがあるかだけでも、理解しておく必要はあるのではないでしょうか?


  関心のある方は、是非参加下さい。 


  参加の申し込みは以下のリンクからお願い致します。

  http://blueoceancafe.tokyo/event.html

一般的な改葬の手続きについて

終了しました
2016-07-27

改葬手続きについて

 
 いつかは直面するお墓の始末。
自分の代で改葬を済ませるには、どういった手続きが必要でしょうか?

 今回は具体的な資料を基に、実務に特化した内容で進めていきたいと思います。




 _セミナー内容は以下の予定です_
 




 【1】 改葬とは?   
      改葬の定義
      改葬増加の理由


 【2】 遺骨の取り扱い方法 
      埋葬。・納骨・自然葬・散骨・安置


 【3】 改葬を行う場合
      必要書類等(改葬許可申請書・使用許可証・埋葬証明書・改葬許可証)
      閉眼供養と開眼供養
      必要になる費用等


 【4】 改葬時の難問
      新墓の入手
      現墓管理者の承諾
      手続き、行事の日程調整


 【5】 一般的な開眼供養までの流れ



 補記: 改葬をしないとどうなる?
        無縁墓~合祀へ
        現墓管理者の手続き
        問題先送りの結果は?




 「開催場所」  東京都江東区住吉 ブルーオーシャンカフェ

 「開催日時」  2016年7月27日(水) 10:30~12:00

 「参加費」    1,500円(ドリンク代別途)


 申し込みはコチラから
 http://blueoceancafe.tokyo/event.html

 なお、申し込みは25日(月)13:00までにお願いします。
  

開催日時)

 2016年6月29日(水) 10:30~12:00

場所)

 江東区住吉 終活カフェ「ブルーオーシャンカフェ」

内容)

 今や23区内でも珍しくなくなった「空き家」に関する諸問題と、終の棲家である墓に関する諸問題。  この2つの問題が待ったなしになる50代を中心にした問題の把握と、いざという時の備えを考えます。
    


    主な内容は以下の通りです。

    
      「空き家問題」
   
       ・数字で見る空き家実態
       ・空き家化に至る理由
       ・空き家が原因のトラブル
       ・空き家の相続
       ・行政による空き家対策
       ・今の空き家、将来の空き家

      「お墓の問題」

       ・お墓の基礎知識
       ・改葬
       ・一般的な改葬に関する諸費用明細
       ・改葬にまつわる諸問題あれこれ
       ・先祖の後は将来の自分たちのお墓の問題

      結びとして、問題の先送りがもたらす子孫への影響について紹介します。

    


        セミナー参加のお申込みは、以下のサイトからお願いします。

        http://atora50.com/seminar/entry/354/

       

 
 本日から、5月18日開催のセミナーの受付を開始します。

 詳細は以下の通りです。


日時) 2016年5月18日(水) 10:30~12:00終了予定


場所) 東京都江東区住吉 「ブルーオーシャンカフェ」

      アクセスその他は、コチラを参照して下さい。
      http://blueoceancafe.tokyo/company.html#access


内容) 

①2014年時の成年後見制度の利用自体を各種資料からまとめたものを報告します。

  申立は年間でどのくらいなのか?
  男女別、年齢別の本人の構成は?
  申立理由の主なものは?
  後見人に就くのは誰が?
  後見報酬の平均額は? 

        など等、具体的な事例紹介で制度利用の正確な実態把握を促します。


②実務の具体的な流れ

  法定後見、任意後見それぞれの申立に伴う必要書類の紹介。
  実際の記載例の紹介と、その意味。
        

  ※申立には個人情報を含めた広範にわたる項目を埋める必要があります。
   いざと云う時点で対応しようにもなかなか思うようには進みません。

    この機会に実際に用いられる様式を使ったこのセミナーを受講する事で
   必要最低限の予備知識を習得して下さい。

    




     お申込みは、コチラからお願いします。

     http://atora50.com/seminar/entry/338/

 


 





 3時間でわかる!? 成年後見制度基礎知識講座の2回目です。
 

 成年後見制度を構成する2つの支援制度、法定後見と任意後見。

 その共通する点と、異なる点は何か? 制度を利用する際に注意すべき事とは? それぞれのメリット、デメリットは?といった制度自体の基礎知識に関するメニューと、成年後見制度以前の支援制度についてや、同時にスタートした介護保険制度との関係、成年後見制度を補完する各種の支援制度といった周辺情報についても最低限の範囲ですが、紹介していきます。


 また実際の申立に用いられる各種の書類や、任意後見契約書の見本等実物を用意して、それらを見ながらの講習となりますので、より実務的な内容になると思います。


 


 日時: 2016年4月20日(水) 10:30~12:00  90分

 場所: 東京都江東区住吉 「ブルーオーシャンカフェ」


 セミナーの参加申し込みは 以下のサイトからお願いします。

 http://atora50.com/seminar/entry/329/

 
  2月のセミナーに引き続き、成年後見制度の基礎知識に関するセミナーを3月から開催する事になりました。

今回は3回に分けて、3時間で成年後見制度の最低限の知識を学んでいくコースとしました。

無論、各回は独立した内容になっていますので、1回だけでもそのパートは理解できるような構成です。

関心のあるテーマの回にだけ参加するという事でも構いませんので、宜しくお願いします。



 1回目は「なぜ今、成年後見制度?」と言うテーマで、高齢者の認知症への備えだけではない成年後見制度の活用法を紹介します。 

 若年性の認知症や事故や疾病によって判断力を喪った場合、遺言や相続にはどういった影響が生じるのか?

 当事者だけではなく、家族への影響を最小限に抑える役割をも担う、この制度の基礎を学びます。


 2回目では「成年後見を構成する法定後見と任意後見について、その違いやそれぞれのメリット・デメリット等を出来るだけ実例を踏まえて紹介していきます。

 3回目では実際の任意後見契約に関連する契約書の実例や、名義人が被後見人になった場合の成年後見人等の届出の実例などを紹介します。 

 
 これら3回のテーマは、個人だけでなく今から後見契約を業務にしようと考えてる法人の方や、同業者の方にとっても参考になるものと思います。  新たな業務に後見人制度を考えていらっしゃるのでしたら、ぜひ参考にして下さい。



 今回も前回同様以下のリンク先からの申し込みをお願いします。

1)セミナー会場の「ブルーオーシャンカフェ」へ直接お申し込みの場合
      http://blueoceancafe.tokyo/event.html


2)会員制サイト「アトラ50」からのお申し込みの場合
      http://atora50.com/seminar/entry/314/


  以上、宜しくお願い致します。

 来る2月18日木曜日に、最近話題になっている成年後見制度について、知っておいて損はない基礎知識を紹介するセミナーを開催します。

制度の詳細解説などと言った専門的内容ではありません。 

高齢者だけが対象ではない後見の必要性とは?
後見制度の持つ意味とは(自分の為? 家族の為?)
後見制度だけでは補えない課題とは?

など等、現実の生活との関連性を主体とした内容になっています。


 なお、場所の関係で限られた人数での開催となってしまいましたので、関心のある方はお早めに!


 開催場所や内容などの詳細については以下のリンクから確認して下さい。

申込みについても以下のリンク先からお願いします。

http://atora50.com/seminar/entry/306/

 セミナー風景(イメージ)

 最近耳にすることが多くなってきました
エンディングノートとは?

 残された方への自分から発する最後のメッセージと
心配りをどう表せばいいのでしょう?

 このセミナーでは
簡単に、エンディングノートの意味合いと
記載すべき項目とその理由などをわかりやすく
まとめてみました。

 遺言や相続などの「重い決断」は不要です。
まずは、身の回りの事柄をまとめてみることから
始めましょう。

 エンディングノートが書けなければ
遺言は相当高いハードルですよ!

詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。

http://saloon.abcgroup.asia/2012/08/1617/

寺田淳

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳プロのその他のコンテンツ

Share

寺田淳のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-25
facebook
Facebook