まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
寺田淳

シニア世代が直面する仕事と家庭の問題解決をサポートする行政書士

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

コラム

ライフワークとは? ~ライスワークとどう違う?

起業・転職・再就職で必要な事

2013年10月21日 / 2015年3月31日更新

 
 お元気ですか!

 生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。

 貴方は「ライフワーク」と「ライスワーク」という言葉
聞いたことがありますか?

 ライフワークは、日常よく耳にする言葉ですね。
人生を通して関わりたい仕事とか
生きがいになる仕事、といった解釈が多いようです。

 ライスワークは、ライス=米ですから
文字通り「食べる為」「生きていく為」にする仕事
と言う意味なのです。

 以前にも触れましたが 転職や独立を考える場合、

「やりたい事」と「やれる事」の区分が自分で見極められているか?
「好きな仕事」と「得意な仕事」の区分けと言ってもいいでしょう。

 さらに言えば、スポーツ等の「プロ」と「アマ」の違いです。
「プロ」は「好きな事をして、お金をもらう」事が出来て
「アマ」は「好きな事に、お金をかける=払う」なのです。

 第二の人生に、好きだからとお金を払ってばかりでは
あっという間に破たんする事はお分かりですね。

 ではいつからライフワークの為の準備を始めるべきなのか

 私は、確固たる「ライスワーク」がある時期と考えます。

「食べるための仕事」で精一杯、そんな時間は取れない?
確かに、50歳前後の貴方は脂の乗り切った世代です。
いろいろな業務に忙殺されているでしょう。

 ですが、そのようなライスワークの毎日によって
経験からくるノウハウの蓄積や高度化、知識や技術、スキルの向上によって
収入も変わりますし、それに見合った地位に就くことで新たな出会いが始まり、
自分の能力や適性を俯瞰的に眺めることが出来るようになるのです。

 今の自分、今までの自分を顧みて
どういう仕事に向いているか?
どういう仕事に関心を持ったか?

 そうです、
「ライフワーク」は充実した「ライスワーク」あってこそ見極めることが出来る
と、私は考えます。

 最近、元同僚らから今の私の生活についてよく問い合わせが来ます。

「収入は以前と比べてどうなの?」
「今の仕事で食べていけるの?」

 そういう彼らこそ、今後の人生の選択に
迷いに迷っているのが手に取るようにわかります。

 無論、まだまだサラリーマン時代の(最終時の)収入には及びません。

 ですが、これが私のライフワークと言う自信があります。
まだ「ライスワーク」時代に準備を始めたからです。

 もし貴方が独立や転職を考えているのなら、
ライスワークから得られるありとあらゆる情報を
洗い直すことを推奨します。

 ライフワークは、ライスワークの正しい分析から得られます。
一度、試して下さい。
新たな可能性を見出せる可能性は、大いにありです!

この記事を書いたプロ

寺田淳

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳プロのその他のコンテンツ

Share