まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
松浦章彦

老後に備えた資産形成や不動産活用を顧客目線で考える税理士

松浦章彦(まつうらあきひこ)

<Office MⅡ>松浦章彦税理士事務所

松浦章彦プロのコラム一覧:相続税・贈与税対策のポイント

5月末に国税庁が、平成25年度の所得税・個人事業者の消費税・贈与税の確定申告の状況等を公表しました。1.所得税を納税した人は3割足らずで、半分以上が還付申告者。所得税の確定申告書を提出された方が2143万人、そのうち納税された方は621万人です。総務省調べによると、個人経...

世の中には、裕福なお年寄りが随分いらっしゃる様です。信託協会が先に公表した教育資金贈与信託の受託状況によれば、平成25年12月末現在の受託契約数は54、053件、信託財産設定額が3、557百万円に達しました。制度の適用開始から僅か9ヶ月、予想を上回る勢いで増加しています。非課税限度額1、...

平成25年度税制改正で、特定居住用宅地等に係る80%評価減の適用要件がクローズアップされていますが、実はもう一つ重要な変更がありました。特定事業用宅地等に係る80%評価減の取扱いが緩和されたことです。個人事業者が居住用宅地等のほかに事業用宅地等を所有していた場合、従来は居住用宅地...

二世帯住宅のうち構造上の区分があるもの(玄関が別々だとか、内部が繋がっておらず往来ができない場合)については、親族の居住部分に対応する敷地の評価減が従来認められていませんでした。ところが平成25年度税制改正で、二世帯住宅の構造要件が廃止され、26年1月からは独立した構造であっても...

Question信託銀行から連絡が有り、先日亡くなった姉妹の相続に関する説明が法定相続人に対して行われました。私共は5人兄弟姉妹で、今般亡くなったのは長女。存命しているのは三男の私と次女だけで、その他の兄弟は既に死亡(夫々実子あり)しています。なお長女は生涯独身だったので配偶者・子は...

Question地方都市に住んでいます。自宅とは別に都内にマンションを所有しており、現在娘夫婦に管理費程度の家賃負担で住まわせております。相続対策としてこのマンションを娘に生前贈与してはどうかと考えていますが、贈与税がどうなるでしょうか?マンションの評価額の計算方法についても併せて...

松浦章彦プロのその他のコンテンツ

Share

松浦章彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6303-4951

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松浦章彦

<Office MⅡ>松浦章彦税理士事務所

担当松浦章彦(まつうらあきひこ)

地図・アクセス

松浦章彦プロのその他のコンテンツ