まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
皆藤一郎

不動産相続ナビゲーター

皆藤一郎(かいとういちろう)

日本橋アセットコンサルタント

お電話での
お問い合わせ
03-5299-9777

皆藤一郎プロのコラム一覧:不動産相続の基礎知識と売却ノウハウ

不動産の相続は、煩雑で面倒なものです。遺産分割協議から始まり、持ち分登記まで進んだ頃には、あまりの手続きの多さに疲れ果ててしまうこともあるでしょう。不動産を所有すると、固定資産税や都市計画税が課税され、相続人にとってはコストアップになります。売却したいと思っても、使い道...

借地権付きの底地は、活用が難しくなっています。売却しようにも、第三者が土地を利用できないため、売却想定価格は、更地の10~15%程度を目安とされています。底地処分で最もよい方法は、借地人に底地を買い取ってもらう方法でしょう。この場合、売却想定価格は、最大更地の50%程度...

「広大地」や「狭小地」と同じく「不整形地」も使いにくい土地の形状です。不整形地を売却するためには、ある程度手を入れないといけないケースが多いでしょう。このような使いにくい土地は、相続税評価額の減額対象になります。普通住宅地では、最大で40%相続税評価額が減額されることも...

相続した不動産の売却を検討するとき、どのような点に注意すべきでしょうか。まず手を付けたいのは名義変更です。必要に応じて、速やかに遺産分割協議を行い、登記を済ませましょう。その後、不動産会社・不動産コンサルタントに売却を依頼することになります。譲渡益が出た場合は、税金を...

被相続人が死亡すると、相続財産は相続人全員の共有財産となります。もし、相続人のひとりに借金があり、その債権者などに不動産の差し押さえを受けた場合、どのように対処するのがよいでしょうか。方法は「借金の弁済」と「相続放棄」の2つです。このような状態に陥らないためには、早めに...

不動産を所有すると、毎年かかってくる経費が税金です。固定資産税や都市計画税がそれにあたります。相続の際は、そのおおよその金額を把握しておくべきです。国土交通省の検索システムを使えば、税額を簡単に検索できます。検索時のポイントになるのは「公示地価」です。 不動産相続では路線...

不動産を相続すると、その土地にどれくらいの価値があるか気になるところです。相続した土地の評価は、「路線価」を用いて計算することができます。路線価は公示価格より2割程度低くなっています。そのため、現金で相続するより不動産で相続したほうが節税対策には有利と言われています。ここ...

不動産相続には専門知識が必要です。その内容は、法務・税務・測量など多様です。自分たちだけですべての作業をしようとしても、どのように進めたらよいか混乱することも多いでしょう。不動産を相続したら、不動産相続コンサルティングを受けてみましょう。専門家が状況に合わせたアドバイスを行...

「売れない土地を相続したものの、管理が大変で放置している」。そんな声をよく耳にします。放置すると、違法駐車や不法投棄が常態化し、事故や事件につながるなど取り返しのつかないことになりかねません。土地管理は、不動産管理会社に任せることを検討しましょう。 不動産管理は必須。不動...

相続した土地などの不動産に利用価値がない場合、どうすべきでしょうか。最も手っ取り早い方法は売却です。不動産は所有しているだけで、固定経費がかかってきますので、正直なところデメリットが多く、損を出してでも売却すべきです。譲渡損が出ると、所得控除が利用でき節税対策になります。...

相続して売りに出したものの、なかなか売れない。狭小地や広大地などを相続すると、このようなケースに陥ります。そんなときは、隣家の人に売却するのも手です。とはいえ、売却にはそれなりの交渉技術が必要になってきます。隣家の人との土地の売却交渉はどのように進めるとよいでしょうか。 ...

せっかく相続した不動産も、境界が不明確では売却が難しくなります。正確な面積が出せないだけではなく、隣地所有者と境界の位置を巡ってトラブルになることもあります。そんなときは、土地の専門家である土地家屋調査士の出番です。測量を行い、境界を確定させることで、不動産をスムースに売買...

相続した不動産に利用価値があまりない場合、売却を検討すべきです。なぜなら、不動産は所有しているだけで、固定資産税などの固定費がかかってくるからです。とはいえ、そういった土地はなかなか売却できないもの。売りに出してもスムースに売却が進まないなら、価格などを見直すべきです。 ...

狭すぎる土地は使い道がないため、売却しようとしても買い手がみつからないケースが多くあります。そんなときは、活用方法を見つけるか、処分するしかありません。駐車場や宅地として利用できない場合、処分することになるが、どんな方法がよいでしょうか。 都市と地方では扱いが異なる狭小地...

広大な土地を相続しても、なかなか売ることができない場合があります。そんな状況を考慮して、国税庁は「広大地評価」と呼ばれる、特殊な土地評価方法を認めています。要件を満たせば、相続税の評価額は最大で65%カットされます。さて、どんな要件を満たせばよいのでしょうか。 買い手が...

皆藤一郎プロのその他のコンテンツ

Share

皆藤一郎プロのその他のコンテンツ