まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
皆藤一郎

不動産相続ナビゲーター

皆藤一郎(かいとういちろう)

日本橋アセットコンサルタント

お電話での
お問い合わせ
03-5299-9777

コラム

相続時に差し押さえをされた不動産の取り扱いについて

不動産相続の基礎知識と売却ノウハウ

2016年3月12日 / 2016年4月14日更新


被相続人が死亡すると、相続財産は相続人全員の共有財産となります。もし、相続人のひとりに借金があり、その債権者などに不動産の差し押さえを受けた場合、どのように対処するのがよいでしょうか。

方法は「借金の弁済」と「相続放棄」の2つです。このような状態に陥らないためには、早めに遺産分割協議を行い、登記することが大切です。

不動産は相続人全員の共有財産となり、第三者に登記されるリスクがある

不動産は、被相続人が死亡した時点で、相続人全員の共有財産となります。共有財産であるため、遺産分割協議を行い、各持ち分が登記される前は、誰もが権利を執行できる状態にあります。

このような状態にある不動産は、第三者により差し押さえに遭うケースがあります。

例えば、相続人のひとりに借金があり、返済が滞っていた場合などです。そうなると、債権者により法定相続分の相続登記をされ、当該相続人の持分につき差押え登記をされてしまう場合があります。
相続対象の不動産が、第三者により差し押さえされていた場合はどうしたらよいでしょうか。

相続財産が確定したら早めに遺産分割協議を行い登記する

登記の原則は「早い者勝ち」です。

ですから、この場合、先に差し押さえをした第三者の登記が有効となります。もし、第三者に登記を取り下げてほしい場合は、借金を返済するなどして相手方に納得してもらうしかないでしょう。

このような状態を避けるためには、被相続人が死亡したらすぐに借金返済が滞っている相続人の持分を「0」とした遺産分割協議を行うことです。そして、結論が出たらすぐに各持ち分を登記するようにします。重要なのは「登記」することです。

遺産分割協議を行い、結論が決まっていても、登記をしていなければ相手方に対抗できないので、注意が必要です。

遺産分割協議がなかなかうまくいかず、親族間のトラブルに発展することもよくあります。

このようなケースでは、いたずらに相続財産が放棄されることになり、第三者に登記されるリスクが高まります。ですから、被相続人が死亡した時点で、そういった財産がないか洗い出す作業が必要になってきます。

相続放棄をすると第三者の登記は無効になる

第三者に相続不動産を先に登記されてしまった場合、原則として対抗できません。しかし、「相続放棄」をすると、「初めから相続人でなかった」ことになるため、第三者の差し押さえは無効になります。

この場合は、相続放棄が優先されることになります。ただし、相続放棄が可能なのは、原則として相続を知ってから3カ月以内なので、早急に行動することが大切です。

➢ 代位弁済の組戻しと手続について
➢ 不動産の相続で放棄という選択と手続きについて
➢ 不動産を相続する際に注意したいコツ

どんな小さな質問でもかまいません。
不動産でお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ  03-5299-9777 (平日・土曜 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせはこちらから

この記事を書いたプロ

皆藤一郎

皆藤一郎(かいとういちろう)

皆藤一郎プロのその他のコンテンツ

Share

皆藤一郎プロのその他のコンテンツ