まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
成澤紀美

IT業界を元気にするSE出身社労士

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

成澤紀美プロのコラム一覧:ワンポイントQ&A

【今回のワンポイント】1.原則は、休憩をとらずに働いても休憩時間をとったとみなす2.本人が勝手に休憩をとらずに働いたりしないよう、休憩時間の意味を理解させ、就業状況を確認するQ弊社のアルバイトは、平日10時~17時勤務で、休憩時間は1時間与えています。しかし、ある従業員は、休憩...

【今回のワンポイント】1.常に待機して対応しなければならないようであれば、労働時間と判断される可能性が高い2.職種の特性上、就業時間外でも対応を求められがちなため、状況により判断が必要Q当社では、営業社員に会社の携帯電話を持たせていますが、帰社後や休日に顧客からの電話がある...

【今回のワンポイント】1.性別を理由とする差別的な扱いとされないように注意2.採用面接時に、多忙な時期について説明をし認識に違いがないようにするQ中途採用の募集を検討しています。繁忙期は、ほぼ毎日残業が22時近くまでになるため、残業が多い時でも頑張って働いてくれる人を採用し...

【今回のワンポイント】1.応募する側の目線にたち、分かりやすい内容にする2.採用したい人物像がイメージできるところまで、基本的な擦り合わせをしっかり行う求人情報の原稿を、採用担当社と募集部門の責任者が一緒に考えながら対応しています。これを、もっと欲しい人材が採れる情報とす...

【今回のワンポイント】1.健康チェックは、採用時に必ず行うようにする2.チェックシートを用意し記入してもらう。記入目的は事前に十分な説明と同意が必要。最近、入社して間もなくメンタルヘルス不調で休職する人が増えています。採用の際に、その可能性を図る方法はないでしょうか。選...

【今回のワンポイント】1.年次有給休暇は労働する日に請求するもの2.休職期間中は労働義務が免除されているため年次有給休暇も請求はできない年次有給休暇を使い果たした社員が欠勤をしており、自身の病気で、その後も連続欠勤を続けています。まだ休職は発令されていませんが、連続欠勤期...

【今回のワンポイント】1.所定労働時間が深夜になる以外に、深夜残業が続いたときも受診対象と考える2.深夜業に配置換えの際も健康診断が必要通常の勤務形態の社員と、専門業務型裁量労働制の社員がいます。現在、深夜業務が発生している事も加味し、定期健康診断とは別に、年2回の健康診断...

【今回のワンポイント】1.取得していない社員との面談等で状況を確認。取りずらい雰囲気をなくす努力を。2.取得促進のために計画的付与制度を利用してみる。Q年次有給休暇の取得促進についての質問です。有休を積極的に取得する社員と全く取得しない社員との差が激しいため、「有給休暇に...

【今回のワンポイント】1.会社の指示でない場合は、本来の休憩時間で給与計算をする2.仕事の仕方や業務量の集中が原因の可能性もある場合は状況把握を行う就業規則では、休憩時間を原則として12時~13時までの60分と定めています。ある社員は休憩時間に仕事をし続け、15時くらいに20分ほど...

【今回のワンポイント】1.就業規則に定めてある解雇理由が具体的かどうか2.一足飛びに解雇はできないと心得、一定期間の注意指導と改善経過から判断するQ仕事ができない社員の解雇を考えています。 IT企業のエンジニアで中途入社で4年。本人が主張するほどのスキルもなく、担当プロジェク...

【今回のワンポイント】1.私的利用であっても会社の信用問題に関わるものは、厳重に対処すべき2.SNS利用にあたり社内ルールを設け、社員へも十分な認識をさせるQ新入社員達がプライベートで、モラルに欠ける写真を社名入りでSNSに掲載しているのを発見しました。このような社員へ厳重注意、...

【今回のワンポイント】1.度々欠勤がある場合は、一度産業医の診断を受診させ業務遂行が可能か判断2.周囲の負担も考慮し、再度休職を指示する事も検討するQ.メンタル不全でたびたび欠勤している従業員がいます。 既に、6か月の休職をしたのですが、その後、復職しても度々欠勤があります。...

【今回のワンポイント】1.十分な説明と理解をしてもらった上で質問をすること2.障害の内容や程度に応じた職場環境の整備が求められる今回、初めて障がい者の方の面接をすることになりました。想定している業務が問題なくできるのかどうか、また特有の症状などが仕事上どう影響するのかが気...

【今回のワンポイント】1.本人の適性を考慮した上での職種変更であること2.採用条件を本人が納得していることQある職種で採用選考をしていた方を、その経験から、別職種の選考に切り替えて進めてはどうかと思っています。本人に説明すると、その別職種にとても興味をもってくれ、別職種で...

【今回のワンポイント】1.子会社の登記完了後に採用募集を行えばOK2.親会社と子会社の関係、採用後の処遇について十分な説明を行うこと今後、設立予定の子会社で採用を行いたいと思っています。現在は会社設立の準備段階のため、採用後しばらくは親会社で働いてもらうことになりますが、...

成澤紀美プロのその他のコンテンツ

Share

成澤紀美プロのその他のコンテンツ