まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
成澤紀美

IT業界を元気にするSE出身社労士

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

コラム

生きている会社・死んでいる会社の特徴

人事・労務

2018年3月12日 / 2018年3月13日更新

4月から始まる新年度に向けて、組織の活性化に悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。組織の活性化をするには、「組織を生きている1つの生命体」として全体を捉え、生命体の声を代表する社員の声に耳を傾け、どうしたらイキイキと活動をするかを課題や方向性を検討することが重要です。

ローランド・ベルガー社の遠藤氏による経営コンサルタント30年間の結論としても、会社や組織は「見た目の数字や業績」より、本質において「生きている」か「死んでいる」が重要だと述べています。
・生きている会社:「挑戦→実践→創造→代謝」の“いい循環”が回っている
・死んでいる会社:「管理→抑制→停滞→閉塞」の“悪い循環”に陥っている

以下、「死んでいる会社」によく見られる5つの特徴になります。
1.「挑戦」より「管理」が優先される
2.「現状維持」のベクトルが強く、「新陳代謝」に乏しい
3.過去の「成功体験」にこだわり、思考停止に陥る
4.中間管理職たちが「上層部の様子うかがい」ばかりしている
5.「会社の方針」がコロコロ変わり、会社の軸をきちんと明示していない

「生きている」かどうかは、会社全体のみならず、ひとつの部署、チームにも同様の傾向がそのまま当てはまるため、組織の細胞である部や課が生きていなければ、「生きている会社」にはなりえないません。

相撲協会や日本レスリング協会が世間を騒がせていますが、組織の悪い循環や、流動性の無さが根本的な原因かもしれません。

会社の方針や管理職を育成し、いい循環が回るイキイキとした会社にしませんか?
社員が働きたくなる会社づくりセミナー
http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

★社員が働きたいと思う会社づくりのご質問・ご相談はお気軽に★
オフィシャルページ【人事・労務の玉手箱】
http://www.nari-sr.net/contact/

この記事を書いたプロ

成澤紀美

成澤紀美(なりさわきみ)

成澤紀美プロのその他のコンテンツ

Share

成澤紀美プロのその他のコンテンツ