まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
長井美有紀

語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

長井美有紀プロのコラム一覧

年始に書かせていただいた2018年業界展望の一つに、「美容×テクノロジー」がありました。「美容+TECH」=美容テック とも言え、今後も新しい話題を呼ぶでしょう。美容+TECHの側面というべきか、美容マーケティングにも少しずつ変化が見られるようになりました。美容業界でも、企業全体のデジ...

インナービューティー先進国であるアメリカでは、近年ナチュラル志向が沸き立っているのは言うまでもありません。ナチュラルなフードのみならず飲料まで広がっています。ナチュラルフードは、生鮮食品、食肉・鮮魚、デイリー食材、コーヒー・紅茶、ホールグレイン、ナッツ、豆類などなど多様にあ...

世界のヘルシー基準とは何なんでしょうか。本年早々に出たインナービューティー先進国における消費者調査によると、76%の消費者が健康、食品、栄養に関する様々な話題において混乱しているといいます。その調査は、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの2000人を対象とした調査で、ぞの食材...

カカオの最終製品といえば、チョコレート。チョコレートはポリフェノールが豊富なことで有名ですが、最近“スーパーフード”として注目されるようになってきました。また、ポリフェノールが豊富という点でカカオはビューティーフードとしてカテゴライズしています。この流れは、インナービューティ...

アメリカをはじめとしたインナービューティー先進国では空前の代替品ブーム。アーモンドミルクやココナッツミルク、ソイミルクなどの代替えミルクでは、この5年間で61%の成長をみせ、2017年で20億1100万ドルの市場規模にまで拡大しています。最近では、俗に言う“スーパーフード”の代名詞とも言え...

 “スーパーフード”への思い込み 美容・健康業界が注目する分野のひとつに、“スーパーフード”があります。それには、以前もこちらで書きましたが、海外、おもにインナービューティー先進国において、過去5年の間にグローバル規模で202%も市場規模が成長している点にあります。(2011~2015年...

情報サイトJIJICOにて執筆した記事が、アップされました。先月発表した『I.B.ヘルスケア51号』での業界誌執筆を受け、改めて“スーパーフード”について解き、昨今話題のインナービューティー原点回帰にどう寄与したかなど、より詳しく、独自の視点で書いています。テーマ:“スーパーフ...

 「機能性表示食品」ガイドライン改正 昨年末ごろ、機能性表示食品のガイドラインが改正されました。健康産業ニュースによれば、改正ポイントは4つ。①定性分析のための指標(資料)を添付すること②臨床研究はトクホと同じヒトと対象とした臨床を用いること③研究論文等の査読も対象とし...

2015年ごろから先進的なキーワードとして出てきたのが、IoT。美容・健康業界ではなかなか難しい分野で、他の製造業と同じような視点で考えれば、理美容機器のメンテナンスなどのビッグデータ解析にはなるかもしません。IoTについては、専門外ではありますが、以前はマーケティングに関連する話...

 Plant-Based FoodとNon-GMOのニーズ 以前のコラムでも書かせていただきましたが、Plant-Based Food、すなわち植物由来食品へのニーズの高まりが目立ちます。米国の市場規模では、310億円と年々増加しています。“Green”とひとえにいっても、単純に“ナチュラル”という志向ではなく、環境への視...

俗にいう“スーパーフード”や私が提唱する『ビューティーフード』は、オーガニックコスメ同様、海外と同じやり方ではなかなか浸透しにくいということがあります。そこで、日本独自のマーケティング手法が必要になります。兼ねてより“スーパーフード”マーケティングをサポートしてきた当社ならではの...

業界誌『I.B.ヘルスケア』 51号(11月30日発行)に、執筆させていただきました。2018年の業界展望、オーガニックコスメ、“スーパーフード”などについて。是非ご覧ください。

グローバル規模で健康ブームが定着しつつある健康・美容業界。2018年のグローバルトレンド分析が発表されています。キーワードは、①Full Disclosure ② Self-Fulfilling Practices ③ New Sensations  ④Preferential Treatment ⑤Science Fare です。日本ではもはや「安心・安全」の代名詞...

 メイド・イン・ジャパンの世界の需要(米国ニーズ) 昨日、北米の経済動向を聞く機会がありました。自動車や不動産、外食産業など多くの日本企業が5大主要都市に進出しているといいます。政権や税制の問題などいろいろなテーマが伺える米国経済ですが、日本製品の価値はもとより、サービス業...

 ホールフーズのバイヤーが注目する2018年トレンドとは? 前回のコラムに続いて、注目されるのは今後のホールフーズの展開でしょうか。オーガニック業界を牽引するといってもよいホールフーズのトレンド情報は、個人的にもかなり注目度が高いです。早々に、2018年トレンド情報が発表されて...

長井美有紀プロのその他のコンテンツ

Share