まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
長井美有紀

語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

長井美有紀プロのコラム一覧:美容/インナービューティーマーケティング

業界を震撼させた米国アマゾンのホールフーズ買収から1年。気になるナチュラルやグローサリー分野の取り込み状況はどうでしょうか。ホールフーズ買収は、アマゾンの優良顧客に向けた新しい市場開拓が目的の1つとしてありましたが、思ったほどターゲットには届いていない現状があります。アマゾン...

記事URLはコチラ美容や健康を叶える食材の一つに、俗にいう“スーパーフード”があります。これは、“スーパーフード”と言われるものだけにおいてですが、スーパーフードのマーケティングでは、日本ではやはり美容的アプローチが主流。しかし、効果的にアプローチできてないことが多くあると感じ...

先日のコラムで述べたように、美容・健康分野で再注目されている「アンチオキシダント」/「抗酸化」市場で、アスタキサンチンのグローバル市場規模が2020年までに10億ドルを超えると予測され、改めて注目されています。アスタキサンチンはサケやエビなどの動物由来も好まれる中、微細藻類のヘマト...

再生医療など最先端技術を駆使した研究開発と、ナチュラルへの原点回帰と、2極化が進む美容業界。昨年はコミュニケーションのパーソナライズ化に伴い、美容業界も新しい局面を迎えました。私が『革新的ビューティー論』の中で注目してきた、AIやIoTの面での革新的な取り組みです。近年美容業界の...

年始に書かせていただいた2018年業界展望の一つに、「美容×テクノロジー」がありました。「美容+TECH」=美容テック とも言え、今後も新しい話題を呼ぶでしょう。美容+TECHの側面というべきか、美容マーケティングにも少しずつ変化が見られるようになりました。美容業界でも、企業全体のデジ...

俗にいう“スーパーフード”や私が提唱する『ビューティーフード』は、オーガニックコスメ同様、海外と同じやり方ではなかなか浸透しにくいということがあります。そこで、日本独自のマーケティング手法が必要になります。兼ねてより“スーパーフード”マーケティングをサポートしてきた当社ならではの...

 ハラル諸国へのビューティー&ヘルスニーズとは? アラブや東南アジア諸国におけるいわゆる"ハラル層"。7,8年近く前に調査したところによれば、ハラルの女性は美意識が高いと言われています。意外と知られてないのですが、女性のヒジャブの下は、しっかりスキンケアやメイクアップを施して...

オーガニックビューティーやビューティーフードの2大トレンドを網羅し、近年の美容コミュニティー戦略に有効なのが、弊社が運営する美容ポータル&コミュニティーサイト【beaute d'Or】(ボーテ・ド・オール)。本日、新URLとなって新装リニューアル公開しました。2012年から運営してきたbe...

 ウェルネスの最盛期時代へ グローバルウェルネスインスティチュート (GWI)が、 2016年のグローバルウェルネス経済調査レポートを発表し、フィットネスからウェルネス・ツーリズムに至るまでの10マーケットを調査、分析しています。予備調査データでは、10.6%成長の300億円までにものぼると言...

前回のインバウンド需要と化粧品産業コラムに続き、今後は輸入の視点で書きたいと思います。 6割が輸入品に頼る化粧品産業 先日の業界向けセミナーでも触れていましたが、経産省の調べでは、近年の化粧品産業全体の約6割が輸入品に頼っているという現状があるといいます。実際私も数々の...

本日の業界セミナーを聞いて感じたことです。 インバウンドに重視したい行政と化粧品産業に対する課題は? 訪日外国人の誘致や目標人数が引き上げられたことなどにより、さらにインバウンド需要に向く昨今ですが、経済産業省では目標達成するための要素の一つとして、2013年ごろから化粧品...

 マーケティングに新しい要素? 最先端のマーケティングとして、知的財産との関係が注目されています。私の独自調査によれば、美容業界以外の知的財産では特許戦略が主流です。大手では、ゼロックス(旧)やキャノンが技術戦略の一貫として、特許をうまく活用した戦略を行っています。...

 究極のアンチエイジングコスメが話題! いま美容業界では、究極のアンチエイジングとして幹細胞コスメが話題です。再生医療から派生したもので、今いろいろな研究開発がされています。以前もこちらで美容と遺伝子の関係について書いた通り、私も兼ねてから注目していました。特に、薬...

「2015 年機能性化粧品市場規模は、14 年比104.5% の1 兆8,957 億円を見込むと発表した。」(出典: 富士経済)アンチエイジングをはじめとした機能をもつ化粧品を、“機能性化粧品”という呼び方が最近業界で出てきました。機能性とは、アンチエイジングのほか、ホワイトニング、センシティ...

長井美有紀プロのその他のコンテンツ

Share