まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
長井美有紀

語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

コラム

《C-BM》フードロス削減に向けた国内の動きと美容・健康業界の未来

革新的ビューティー論

2018年7月18日 / 2018年8月7日更新

以前もこちらで記述したように、美容・健康業界にも多いに関わる食品産業の環境問題の一環として、フードロスの問題があります。
(⇒参考記事:フードロスの現状とサステナビリティ 2016.11.15 Update)

最新データ(*消費者庁/2017年計)によれば、推計で年間646万トンものフードロスが出ています。(そのうち事業系が約357万トン、家庭系が約289万トンです。)

社会問題ともなっている近年では、食品メーカーのみならず流通業界、はたまた、個々の消費者がフードロス削減に向けての取り組みや関心が高まっています。
むしろ先進国では少し遅めのスタートでもありましたが、ようやく行政やメーカーが動き出しました。


 ⇒Clef de Beau-Marketingのコラムへ続く

■美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing
これまでの市場動向や専門情報などを上記サイトにて配信中!

◇新メニュー 美容など女性商材分野のためのSDGsコンサルティング

この記事を書いたプロ

長井美有紀

長井美有紀(ながいみゆき)

長井美有紀プロのその他のコンテンツ

Share