まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
長井美有紀

語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

コラム

米・市場規模にみる、2018年も引き続き注目される“プロバイオプロティクス”フード

ヨーグルト製品市場規模90億ドルへ(米国)

世界でも日本でもプロバイオプロティクス、すなわち乳酸菌に対する需要が近年成長しています。
米国の業界データ(2017年)によると、ヨーグルトの市場規模は90億ドルにまで成長しました。2012年~2017年においても、年成長率が2%増となっています。ヨーグルトドリンクもさらに2022年までに増加すると言われており、さらに期待されている市場です。

これまでヨーグルトは動物由来のものが多く摂取されてきましたが、このところの健康志向増長と“クリーンラベル”志向などで、Plant-Based(プラントベースト)への需要が高まっています。“ビーガン・ヨーグルト”というのも新しいキーワードになってくるでしょう。そしてここに、オーガニックの要素も忘れてはなりません。
アメリカでは、『ヨーグルト・イノベーション』と言われるほどの画期的なことです。

日本でもすでに“ビーガン・ヨーグルト”は存在します。ただ、一般的なお店では品数が豊富にあるとは言えません。
ビューティーフードIQ120や“スーパーフード”のところなどでもよく語っていますが、乳製品(動物由来)を摂取しなくなると、必要以上に大豆を摂ろうとする日本人の傾向があるようですし、なおのこと、バランスの良い食生活をお勧めします。また摂りすぎにならないように、企業側も消費者に訴えていくべきかと思います。ここでも効果的な訴求開発が必要なりますね。

プロバイオティクスのグローバル市場規模では、2023年までに640億ドルにまで達すると見込まれており、新しいプロバイオティクス製品への市場投入も始まると予測されます。例えば、毎日飲むコーヒーのように、スナック菓子のように、手軽にとれるものです。幼児や子供にも取り入れやすくするには、グミやドロップなども可能性がありそうです。

引き続き、乳酸菌市場の動向も注目していきたいと思います。

参考:「Nutraceuticals World」、「Nutritional Outlook」

*プロバイオティクスやクリーンラベルについてなど、ビューティーフードIQメルマガ(=インナービューティー通信)でも配信します。

■美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing
これまでの市場動向や専門情報などを上記サイトにて配信中!

◇新メニュー 美容など女性商材分野のためのSDGsコンサルティング

この記事を書いたプロ

長井美有紀

長井美有紀(ながいみゆき)

長井美有紀プロのその他のコンテンツ

Share