まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
長井美有紀

語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

コラム

【業界時事】米・代替えミルクの20億ドルの市場規模へ

アメリカをはじめとしたインナービューティー先進国では空前の代替品ブーム。
アーモンドミルクやココナッツミルク、ソイミルクなどの代替えミルクでは、この5年間で61%の成長をみせ、2017年で20億1100万ドルの市場規模にまで拡大しています。最近では、俗に言う“スーパーフード”の代名詞とも言えるキヌアや、ペカンナッツのミルクにまで注目が集まっているといいます。
このミルク代替品が伸びてきた背景には、糖質ケアやダイエットに重きを置くだけでなく、これまでの動物由来から植物由来(Plant -Based)食材に注目が集まってきているということがあります。
意識してPlantーBasedをチョイスして、このおかげで多様な食習慣が生まれました。

日本でははじめ“スーパーフード”として入ってきたアーモンドミルクですが、昨年、グリコとプロントがコラボしたアーモンドミルクのパスタメニューが出て、話題になりました。
アーモンドミルクは、牛乳に比べて糖質も少なく、食物繊維や何よりビタミンEが豊富なので、女性に人気の食材。このパスタメニューも健康志向の女性の間で人気が出たといいます。
ただ全体で見ると、植物由来に変えるだけでは実は盲点もあります。

日本はもともと菜食文化ですので、PlantーBasedは非常にあっていますので、代替ミルクとの相性も良いでしょう。
ただ、その時に必要な栄養や全体の栄養バランスを考慮した摂取を心がけなければなりませんね。


参考)
nutraceuticalsworld.com、グリコHPほか


☆本日でマイベストプロ掲載3年目を迎えました☆
これからも独自の視点で情報発信をしていきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

■美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing
これまでの市場動向や専門情報などを上記サイトにて配信中!

◇新メニュー 美容など女性商材分野のためのSDGsコンサルティング

この記事を書いたプロ

長井美有紀

長井美有紀(ながいみゆき)

長井美有紀プロのその他のコンテンツ

Share