まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
長井美有紀

語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

コラム

【業界時事】米アマゾン ホールフーズの買収交渉が終了。今後のオーガニックの未来とは?

オーガニック(コスメ・フードetc)

2017年8月30日 / 2018年1月24日更新

アマゾン×ホールフーズマーケット の新しい戦略

少し前、米アマゾンがホールフーズマーケットを買収したというニュースは、業界を驚かせましたね。
買収価格は、130.7億ドル。今週の月曜日に、双方との買収交渉がクロージングしたと正式に発表がありました。
注目すべきは、Amazonで質の高い製品がより安い価格で提供が始まるということです。

合意内容の詳細は、低価格でオーガニック製品を提供することで、バナナやアボカド、赤玉卵、りんご(fuki)など多数の商品がAmazonを通じて、消費者に届けられます。ヘルシーで高品質のBPブランドでもAmazonで購入できるようになる、などです。
アマゾンでは、Amazon primeのサービス内で行うので、今まで高スタンダードとされてきたオーガニック製品が、より低価格で、かつより早く消費者に届きやすくなるというのが利点です。
双方のターゲット開拓にも一石二鳥な取り組みですね。
ホールフーズに限って言えば、売上の伸び悩みにより、業績不振店の廃業など今年の入り少しずつ見られてきたので、ネット流通の開拓は新しい顧客の創造とともに、ホールフーズの再隆起に期待できます。

日本ではどうなる?今後のオーガニック市場の未来は?

オーガニックは、そもそも人と人との関わりに重きを置いていますので、
小規模な商取引は除き、EC販売というのはハードルが高いものです。
また、オーガニックの認証によっては、運搬の際の規定もありますので、それが常時実施・監督できるものでないと難しいとされています。
今回は特別な合意がなされているので、問題ないかとはおもいますが、他国、特に日本で実施するのは現状では難しさもあります。
ただ、まさに"手に届きやすくなる"という点では個人的にも大賛成ですので、今後の市場開拓に注目したいですね。



☆詳細は、インナービューティー通信でも配信します。

■美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing
これまでの市場動向や専門情報などを上記サイトにて配信中!

◇新メニュー 美容など女性商材分野のためのSDGsコンサルティング

この記事を書いたプロ

長井美有紀

長井美有紀(ながいみゆき)

長井美有紀プロのその他のコンテンツ

Share