まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
長井美有紀

語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

コラム

インナービューティー先進国から新しいオーガニックの視点とは? ~展示会出展レポ&最新情報ご案内~

オーガニック(コスメ・フードetc)

2017年8月1日 / 2017年10月18日更新

オーガニックがビューティー&ヘルスの一要素に!

先日の土日に開催された第2回オーガニックライフスタイルEXPOでは、サステナビリティに配慮した農業への支援として、国内のオーガニックコンテンツが多数紹介されていました。

当社は今回、運営する美容ポータルサイトbeaute d'Orとして出展し、オーガニックが今やビューティー&ヘルスの一要素になってきたことを改めてアピールしました。

その中でオーガニックなどを指標の一つとして提案する、インナービューティーの追求として、
特にビューティーフードIQ120を中心にご紹介しました。
今日は展示会中ではお伝えできなかった、その理由を少しだけ解説します。

インナービューティー先進国のアメリカでは、様々なビューティー&ヘルスに関するトレンドが出てきており、それらを総称するワードに、“better-for-you”があります。
私が執筆したのテキストやメルマガなどでもお話していますが、これは人によってさまざまで、この中で「ナチュラル&オーガニック」系製品も全体の30%の割合で選ばれている傾向にあります。今までは「安心・安全」という要素だったものが、それだけにとどまらず、次世代のビューティー要素となっています。
オーガニックの他には、“alternatives” "Plant-based"などがあります。実は、これらは様々な要素が織りなす、ナチュラルへの原点回帰となります。
こういった“better-for-you”な要素は人それぞれになりますが、だからこそ、巷にいろいろある美容・健康情報を摂りいれる際に、いかに自身にあったものを選択できるか重要になります。
そのためのメソッドを、様々な形でご提供していきます。

インナービューティーの最前線を知る!

このようなトレンドを徹底解説する、インナービューティーの最前線セミナーを開催します。
ビューティーフードやスーパーフードなどの最新情報から新しい視点をご提供します。

■インナービューティー最前線セミナー <業界向け>

日時:(随時開催中)
レジュメ:①インナービューティー市場に必要な新しい要素とは?
     ②話題の食材、そのヒミツ
     ③日本でのマーケティング、コミュニケーションに相応しい戦略とは?    ほか

インナービューティー関連のビジネスをご検討されている方や、新規事業開発へのヒントに是非ご参加ください。
詳細はコチラ

■美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing
これまでの市場動向や専門情報などを上記サイトにて配信中!

◇新メニュー 美容など女性商材分野のためのSDGsコンサルティング

この記事を書いたプロ

長井美有紀

長井美有紀(ながいみゆき)

長井美有紀プロのその他のコンテンツ

Share