まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
加藤豊

資産価値を担保する中古物件売買・リフォームの専門家

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

お電話での
お問い合わせ
03-5375-4533

加藤豊プロのコラム一覧:賢い住宅ローンの組み方

 3月の適用金利は横ばい~引き上げ。米国の利上げや円安・株高が背景 2017年3月の住宅ローンの適用金利について、固定型10年の最優遇金利をみると、先月と比べて多くの大手銀行や金融機関は0.05%程度引き上げました。2月の住宅ローン金利は銀行によって現状維持~引き下げと判断が分かれた...

 日銀が初めて国債を「40%」超保有する事態に。4年前の12%弱から急増 2017年1月末の国債発行残高は、額面金額(償還時に受け取る元本)ベースで「約894兆円」に対し、日銀は「約358兆」の国債を保有しています(「日本銀行が保有する国債の銘柄別残高」の銘柄別残高の合計)。償還期限が1...

 2月の適用金利は横ばい~引き下げ。年度末に向けた顧客獲得 vs 様子見 住宅ローンの2月の適用金利について、固定型10年の最優遇金利の推移をみると「引き下げまたは前月水準の維持」と大手銀行の対応が分かれました。フラット35も▲0.02%とわずかながら引き下げられています。先月は、メガ...

 物件ではなく人に貸す住宅ローン。銀行は住宅を担保にしても不安 マイホームを購入したいというお客様のために、銀行は住宅ローンを融資します。その時、住宅を担保に取り(抵当権を設定し)、返済ができなくなるという最悪の事態に備えます。ですので、物件の評価を行い、万が一の場合に...

 低金利によって、年収が低くなってもマイホーム価格は変わらず 年収の何倍のマイホームを買ったかを示す「価格年収倍率」(=物件価格÷年収)は、2000年には「約3.5倍」であったものが2016年には「5倍超」と上昇しています。これは、三井住友トラスト基礎研究所の竹本副主任研究員が「フラ...

 長期固定金利の住宅ローンは、貸し出す側に大きなリスクがある 最長35年間、固定金利で住宅ローンを組むことができる「フラット35」。借りる側は、長期にわたって支払い金利が固定され計画的に返済できます。貸し出す側からみても、35年にもわたって利息収入が固定されいいことのように思...

 誰にも変動・固定どちらがいいか断言できない 住宅ローンを組む際、必ずといっていいくらい「固定金利と変動金利はどちらがいいのですか?」という質問を受けます。しかし、こればかりは誰にもわからないのです。だからこそ、いまだに固定金利と変動金利という選択肢が残されているとも...

 固定型住宅金利の基準である長期金利が乱高下 10月4日時点で、一時若干上昇していた長期金利が再び小幅に下落(マイナス金利を拡大)し、▲0.075%となりました。日銀が9月21日の金融政策決定会合において発表した「(固定型住宅ローンの基準となる)長期金利のゼロ%付近への誘導目標」...

 ゼロ%に誘導すると日銀が発表しても、金利が下がり続けている 日銀が9月21日の金融政策決会合で、固定型住宅ローンの基準となる長期金利をゼロ%程度に誘導する目標を立てましたが、その後も意に反して長期金利が下がり続けています。この新たな枠組みが発表された政策変更発表後の21日...

 一刻も早く返したい「住宅ローン」。でも… 「住宅ローン=借金」そんなイメージから、一刻も早く返したい!というイメージをお持ちではないでしょうか。しかし、実は「早く返したいから、期間も短めに借りて利息も抑えよう。今余裕があるし」という考えは危険かもしれません。長い間付き合...

「長期・固定・低金利のフラット35。年収・勤続年数に縛りなし?」では主にフラットの魅力的な側面をお伝えしました。一方で「適合証明書」など、民間の住宅ローンに比べて必要書類が多く、審査や融資実行までの時間も長くなりがちといったデメリットもあります。ここではフラット35ならではの...

「金融機関がリスクを負わない?フラット35の仕組みとは」で仕組みを理解しました。ここでは、その特徴をしっかりみていきましょう。  フラット35最大の武器は「長期」「固定」「低金利」 大まかには民間の住宅ローンと似ていますが、先ほどの仕組みの通り、フラット35は実質的に住宅金融...

住宅ローンと聞けば必ず出てくる「フラット35」。なんとなく名前は知ってるけど…という方、その仕組みまで含めてしっかり理解しましょう!  フラット35とは その名の通り、金利が「フラット(固定)」のまま「35」年間貸し出す住宅ローンです。運営母体は、国土交通省と財務省が管轄する...

住宅ローン、メガバンク・地方銀行・信用金庫でここが違うでご説明が残っていた、住宅ローンにおけるネット銀行の特徴です。 ネット銀行のメリットは低金利と利便性 ネット銀行の特徴は、対面で相談できる店舗を持たず、インターネット上での取引を中心としている点です。ネットのみで申...

住宅ローンではどこがおカネを貸してくれるのでしょうか。大きく分けて、民間の金融機関が貸し出す住宅ローンと、公的な金融機関である住宅金融支援機構が貸し出す「フラット35」に分かれます(公的ローンには財形融資や自治体融資もありますがここでは割愛します)。 民間金融機関には大き...

加藤豊プロのその他のコンテンツ

Share