マイベストプロ東京
  1. えっ、鉄骨造より木造が火災に強いの?建物の構造による強み弱み
加藤豊

資産価値を担保する中古物件売買・リフォームの専門家

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

お電話での
お問い合わせ
03-5375-4533

コラム

えっ、鉄骨造より木造が火災に強いの?建物の構造による強み弱み

2016年5月21日 公開 / 2016年10月5日更新

テーマ:資産価値にこだわるマイホームの買い方

建物の構造は「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造(RC造)」「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)」の4つが主流です。

木造の特徴とメリット・デメリット

木造とは、建物の骨組みなど主要な部分を木材で作る構造のことです。軽量で組み立てやすいため、住宅など小型の建物に一般的に用いられる構造です。

木造の住宅のメリットとして、通気性が良く、室内の湿度をほどよく保ちやすいことが挙げられます。木は夏に湿気を吸ってくれるし、冬には乾燥しすぎることがありません。高温多湿な日本の気候に合った構造であると言えます。木の自然な温もりを感じられるのも魅力です。

木造
意外に思われるかもしれませんが、木造は火災にもイメージされるほど弱くありません。木は表面が焼けて炭化すると燃えにくくなり、完全に燃えるまで時間がかかるため、短時間で倒壊するようなことはあまりありません。

木造のデメリットとしては、遮音性が低いことが挙げられます。集合住宅などの場合、鉄筋コンクリート造などの建物に比べ、隣の生活音などが聞こえやすくなります。

鉄骨造の特徴とメリット・デメリット

鉄骨造とは、建物の骨組みに鉄骨を用いた構造のことです。S造(Steel造)とも呼ばれます。鉄骨の種類によって「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」に分けられます。

鉄骨造(S造)
木造が柱だけでなく一部の壁も建物を支える構造となっているのに対し、鉄骨造は柱のみで支えているため、壁の位置など間取りを自由に設計することができます。耐久性にも優れていて、長持ちします。

丈夫な建物ですが、火災に弱いという一面もあります。鉄骨自体は不燃材料ですが、摂氏550℃程度で急激に強度が失われるため、火災が起きて消火に時間がかかった場合、一気に倒壊する危険があります。遮音性については、木造に比べると高くなりますが、鉄筋コンクリート造と比べると劣ります。

(鉄骨)鉄筋コンクリート造の特徴とメリット・デメリット

鉄筋コンクリート造とは、柱や梁など主要な構造部に鉄筋の入ったコンクリートを用いた構造のことです。「鉄骨」鉄筋コンクリート造はそれに鉄骨を加えて強度を増したものです。RC(Reinforced Concrete)造やSRC(Steel Reinforced Concrete)造とも言います。

鉄筋コンクリート造(RC造)
ビルやマンションなど中高層の建物に多く用いられる構造ですが、近年では一般住宅にも見られます。圧縮に強いコンクリートと、引っ張る力に強い鉄筋を組み合わせているため、耐久力がとても高い構造です。

設計の自由度も高いです。コンクリートは隙間がないため、断熱性や気密性がとても高くなります。また、遮音性能も他の構造と比べとても高いと言えます。

デメリットとしては、他の構造の建物と比べて建築費用や解体費用が高くなることが挙げられます。また、気密性が高いゆえに、結露などが発生しやすいという面もあります。

構造の違いによって、いろいろと違いがあることをおわかりいただけましたでしょうか。それぞれメリット・デメリットがありますので、物件選びの際には、何を重視するかを考えた上で構造についても注目してみてくださいね。

あわせて読みたい

木造って地震に弱いんじゃないの?建物構造と耐震性の意外な関係

【無料】「来てよかった!」の嵐!マイホームの“買い方”が劇的にわかる講演会

「資産価値を生む住宅を購入するためにゼッタイ知っておくべき“7の秘訣”」 【過去の参加者様の声

●”買ってはいけない不動産”が一瞬で分かる無料アプリSelFin(セルフィン)
こんなこと聞いても…いいんです!
●ご意見・ご感想・疑問などなんなりとこちらへ!⇒【info@mitomi-estate.com】

この記事を書いたプロ

加藤豊

資産価値を担保する中古物件売買・リフォームの専門家

加藤豊(有限会社ミトミ)

Share
関連するコラム