マイベストプロ東京
加藤豊

資産価値を担保する中古物件売買・リフォームの専門家

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

お電話での
お問い合わせ
03-5375-4533

コラム一覧

RSS

引き続き、ミトミのホームページでコラム発信していきます

 今後、不動産コラムは以下のサイトで発信します! これまで200コラムを執筆してまいりました。たくさんのご意見・ご感想をいただき本当にありがとうございました。今後はミトミのコラムページで継続して発...

中古住宅の適正評価のために今後役割が拡大する「不動産鑑定士」

中古住宅の適正評価のために今後役割が拡大する「不動産鑑定士」

 米国では当たり前の鑑定士。日本でも既存住宅売買の活性化に伴い役割拡大 現状として、家を大切に使っても新築時から25年経てば建物価格がゼロと評価されることが慣習として根強く残っています。メンテ...

住み替える自由を手に入れる。新築マイホームから中古アワホームへ!

住み替える自由を手に入れる。新築マイホームから中古アワホームへ!

 「新築Myホーム」は負債?!住宅ローンに縛られ土地に根差した住宅購入法 「一生に一度」「夢の新築一戸建て」という言葉が定着した日本。郊外や駅から遠い立地に庭付きの一戸建てを買い、休日は家族とゆっ...

今後増える高齢者。一方、バリアフリー設備がある賃貸住宅はわずか

今後増える高齢者。一方、バリアフリー設備がある賃貸住宅はわずか

 高齢者向けの設備がある賃貸アパートは3割以下。部屋が狭いと設備も陳腐 2013年の「住宅・土地統計調査の集計結果」(国交省・総務省)などによると、「持ち家」と「貸し家」では床面積(㎡数)ごとの戸数に...

人口減少・少子高齢化。不動産を借りたり買ったりする人こそ、一気に急減?

人口減少・少子高齢化。不動産を借りたり買ったりする人こそ、一気に急減?

 日本の不動産マーケット(生産年齢)人口は、35年後に▲35%も減少?! 人口減少といわれ続けて久しい日本。既に、人口も世帯数もピークを過ぎており、人も家族も減っていく時代に突入しています。国税調...

新築マンションはなんで価格がすぐに下がるの?売り急ぐには理由がある

新築マンションはなんで価格がすぐに下がるの?売り急ぐには理由がある

 「鍵を回せば2割価値が下がる」新築。マンション販売の利益構造を知る 新築マンションは「鍵を回せば2割価値が下がる」といわれます。マンションを新築するには、まずディベロッパー(企画開発業者)と...

日本の不動産は500兆円も含み損を抱える?!米国は売却益が当たり前

日本の不動産は500兆円も含み損を抱える?!米国は売却益が当たり前

 日本の住宅価値は500兆円も失われている!アメリカは売却益が当たり前 不動産先進国アメリカでは、例え築50年でもしっかりメンテナンスすれば住宅が値上がりすることはめずらしくありません。これは、米...

二世帯での住まい方が広がる?同居・隣居・近居のメリット・デメリットとは

二世帯での住まい方が広がる?同居・隣居・近居のメリット・デメリットとは

 親や子どもとの同居・隣居・近居が倍増!共働き・介護のしやすい暮らし 核家族や単身世帯が一般的となり、いまや東京都では平均世帯人数が2人未満となっています。その反面、東日本大震災を契機に「親や...

新しい国家資格?インスペクター「既存住宅状況調査技術者」とは?

新しい国家資格?インスペクター「既存住宅状況調査技術者」とは?

 国がインスペクターを確保する制度を創設。売主・買主の相談窓口も設置 2017年2月3日、国交省は「既存住宅状況調査技術者講習制度」を創設しました。中古住宅が「資産」とみなされる社会を作るためにも、中...

質のいい中古住宅を認定する「プレミアム既存住宅」とは?

質のいい中古住宅を認定する「プレミアム既存住宅」とは?

 中古住宅の「不安」「汚い」「分からない」払拭に向け、認定マークを付与 2016年12月19日に国交省で「流通促進に寄与する既存住宅の情報提供制度検討会」が発足しました。「流通促進に寄与する既存住宅の情...

腕のいいリフォーム会社の選び方。リフォーム瑕疵保険の利用可否も指標に

腕のいいリフォーム会社の選び方。リフォーム瑕疵保険の利用可否も指標に

 【相性】「いいリフォーム会社」は人によって変わる。紹介も考もの 資産価値に大きな影響を与えるリフォーム・リノベーション。しかし、信頼できるリフォーム会社の選び方で悩まれる方は少なくありません。...

リフォームした分、中古住宅の価格が上がる?!新たな評価制度へ

リフォームした分、中古住宅の価格が上がる?!新たな評価制度へ

 戸建て住宅の不動産鑑定も、建物の性能やリフォームを適正評価へ 2015年7月末に国交省は「既存住宅の評価に関する留意点」を策定・公表しています。これに応じて、日本不動産鑑定士協会連合会は、中古(既存...

中古住宅のカギを握るインスペクターと鑑定士の確保が本格化

中古住宅のカギを握るインスペクターと鑑定士の確保が本格化

 中古住宅への不安と不満。品質が不透明で、20年経てば建物評価ゼロ 中古住宅の取引は、品質への「不安」と、家を大切に使っても新築時から20年程度時間が経てば建物価格がゼロと評価されることへの「不満」...

近畿で始まっている「住宅ファイル制度」とは?中古住宅の評価が変わる?!

近畿で始まっている「住宅ファイル制度」とは?中古住宅の評価が変わる?!

 住宅ファイル制度」でリフォームによるバリューアップを反映して評価 2016年1月より、「近畿不動産活性化協議会」が中心となって「住宅ファイル制度」を開始しています。住宅ファイル制度とは、建築士(...

中古住宅の正しい評価。その分かれ目はリフォーム・リノベーション!

中古住宅の正しい評価。その分かれ目はリフォーム・リノベーション!

 リフォームしても20年後には建物価格はゼロ。適正な価格で売れない・・・ 中古住宅流通の一つのハードルとして、「いくらリフォーム・リノベーションをしても、結局20年経ったら建物評価がゼロとなってメン...