マイベストプロ東京
金井美枝子

年齢や状況に左右されず、成婚を引き寄せる仲人

金井美枝子(かないみえこ) / 仲人士

金井美枝子結婚相談室(日本仲人協会東京南支部)

お電話での
お問い合わせ
03-3321-3306

コラム

男性のお見合いにおけるプロフィール・自己PRの書き方

2020年2月12日

テーマ:お見合い ポイント

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

自己PRの目的

女性から結婚相手の候補として選ばれるためには、プロフィールが判断材料のひとつになります。

名前や年齢などの他に、得意なことや性格、趣味など、自分をアピールできることを書きましょう。自分だったらお相手の何を知りたいのかを考えてみると、書きやすいと思います。

女性に会ってみたいと思ってもらい、出会いにつなげるために自己PRは必要なのです。

自己PR、プロフィールのポイント

まずは、挨拶から始めます。いきなり本文から入るよりは、あまり堅苦しくない「初めまして」のような挨拶がいいでしょう。

そして、婚活のきっかけや職業、性格、趣・特技・興味を持っていること、休日の過ごし方などを書いていきます。

【婚活のきっかけ】
婚活のきっかけは、結婚に対する真剣さが伝わるような表現にしましょう。「周囲にすすめられて」とか「親を安心させたいから」「友だちの中で自分だけ独身だから」などのように、まわりに言われたから、自分ではなく親のために結婚する、といった表現は控えるようにしましょう。

「仕事も充実してきたので、良い方と結婚して幸せな結婚生活を送りたいと思うようになった」「友人の結婚生活をみて、自分もそんな家庭を築きたいと思った」など、自分が真剣に結婚したいと思っていることや、幸せな結婚をしたい気持ちをアピールして、「この人となら結婚しても楽しいだろうな」と思ってもらえるような表現を心がけましょう。

【性格】
性格は自分自身では表現しにくいので、周囲からの評価やほめ言葉を誇張せずに書くとよいでしょう。

例えば「気配りのある人だね」「真面目で責任感があるね」「頼りがいがある人ですね」などと言われ、「人からよく相談を受けます」といったことを付け加えると印象もよくなります。

【趣味・特技・興味を持っていること】
自分のことを知ってもらえるのが、趣味や特技、興味を持っていることに関する項目です。

自分がどんな人間なのかわかってもらうために、ずっと続けている趣味や今夢中になっていること、これからチャレンジしてみたいことなどをいくつか入れるとよいでしょう。
複数入れることで、お相手との共通点が見つかるかもしれません。

特に趣味がない場合は、「特になし」と書かずに、昔打ち込んでいたことや学生時代の部活動などを書きましょう。

【休日の過ごし方】
休日にはどんなことをして過ごしているのかがわかれば、その人の暮らしぶりや生き方がうかがえて、興味を持ってもらえるかもしれません。

「春や秋などは友人と山登りに出かけています。また友人に誘われてフットサルをすることもあります」など、どんな人とどういう過ごし方をしているのかを、具体的に書きましょう。

【職業】
職業に関しては会社勤め、サラリーマンではなく、IT関連の技術職や営業職など職種を書きましょう。具体的な勤務先名を書く必要はありません。職歴が多い人は全部書かないで、現在の職種だけを書けばいいでしょう。

【最後の挨拶】
「最後までお読みいただきありがとうございます。良いご縁を大切にしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします」など、読んでくれたことへの感謝の言葉で締めくくりましょう。

自己紹介文でのNG例

自己紹介は、短すぎず長すぎず、読みやすい文字数の300~400文字で作成するのが最適です。

では、NG例を紹介します。

【1】「はじめまして。キャリアアップを目指して仕事をしている途中です。そんな私を支えてくれる方、そして私も支えていけるような関係を築くことができればよいなと思っています」

NG理由:短いうえ、婚活への熱意があまり感じられません。また、性格や趣味などの情報がないので、どんな人なのかがわからず、会ってみたいという気持ちがわいてきません。自分のことを伝えたい、興味を持ってもらいたいという気持ちで書くことが大切です。

【2】「はじめまして。プロフィールを読んでいただきありがとうございます。仕事は営業で、休日は土・日・祝日です。真面目で責任感がある方で、ポジティブな性格だと思います。将来は明るい家庭を築き、休日には子どもと一緒に遊びたいと思います。よろしくお願いします」

NG理由:この文章も短くてNGです。また、性格を「~ある方で、~だと思います」と表現していますが、自信がなさそうに感じます。「真面目で責任感があり、何事にもポジティブです」と言い切ると、ポジティブで明るい印象で会ってみたいな、という気持ちになると思います。

【3】「最近、結婚したいと思うようになりました。私は友人から優しい性格だと言われますが、文章で伝えるのは無理なので会って感じていただければと思います。趣味は音楽鑑賞・競馬・ジョギング、休日は気分転換のためによく出かけます。体を動かすことが好きです。理想の家庭を築きたいと思っています。よろしくお願いします」

NG理由:会ってみたいと思うかどうかをプロフィールから判断するにあたって、「文章で伝えるのは無理なので、会って感じてください」といった表現は、お相手に対して少し失礼な印象です。上から目線のようにも感じられるので、あまりおすすめできません。

また、競馬などギャンブルが趣味と書くとお金遣いが荒い、お金の管理ができない男性といったイメージがあり、「結婚相手にはふさわしくない」と思われる可能性が高いです。

婚活のプロフィールでは「この人に会ってみたい!」と思ってもらえることが重要で、結婚に真剣に向き合っていることを伝えて、素敵な出会いと婚活成功につなげましょう。

金井美枝子結婚相談室は 10年連続成婚最優秀賞を頂きました

当相談室から毎年たくさんの成婚カップルが誕生する理由は、独自の戦略にあります。それは「出会いのメカニズム」をしっかり学び「逆転の発想」で活動する事です。この二つの戦略を実行するとあなたの「出会いがない」は一気に解決致します。後は、いつ「運命の人」と出会えるかだけです。さあ、今度結婚するのはあなたです。

この記事を書いたプロ

金井美枝子

年齢や状況に左右されず、成婚を引き寄せる仲人

金井美枝子(金井美枝子結婚相談室(日本仲人協会東京南支部))

Share
関連するコラム

金井美枝子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3321-3306

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井美枝子

金井美枝子結婚相談室(日本仲人協会東京南支部)

担当金井美枝子(かないみえこ)

地図・アクセス

金井美枝子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-02-21
youtube
YouTube
2019-08-10
facebook
Facebook