まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
栁田真

よろず相談、人事労務のオールラウンダー

栁田真(やなぎだまこと)

やなぎだ労務管理オフィス

コラム

トラブルになる前に就業規則の作成、36協定の締結をお忘れなく!

労務管理

2012年3月2日 / 2015年8月21日更新

 年度末が近づき、企業の内外でも人の動きが活発になる時期です。
それに比例するように、最近、従業員の方との退職トラブルに関する相談のご依頼が増えています。

 人の心理として、通常に勤務しているときには強く意識していないことでも、いざ退職となると「労働者の権利」や「会社の義務」を求めることは、ごく普通のことではないでしょうか。

 特に、就業規則の作成義務があるにもかかわらず未作成のままで、さらに36協定も未締結状態で従業員に時間外勤務をさせてしまい、かつその時間外勤務に対する割増賃金も相当期間未払いであった場合には、事業主の不当行為を問われることとなり、未払いの割増賃金の支払いに加え、裁判所から同額の慰謝料または付加金の支払いを命じられる確率が高くなります。

 このように、今は何も問題がないといって作成・届出義務がある就業規則や36協定を作成・締結しない状態でいると、いざ従業員の退職時にトラブルとなった際に何も対抗出来ず、かつ法的措置を科せられることにもなりかねません。何か起きてからでは手遅れなのです。

 いまからでも遅くありません。
就業規則等が未整備の事業主様、大至急ご検討されることを強くお勧めいたします。


***************************************************************
 やなぎだ労務管理オフィスは、メンタルヘルスを重点業務としています。
 ホームページ: http://www.office87.com
 (一社)産業保健法学研究会 正会員
 社会保険労務士/産業カウンセラー/心理相談員  代表:柳田 真
***************************************************************

【最新セミナー情報】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 「ストレスチェック制度・集団分析からの職場改善の進め方」(2016年3月15日開催)

   詳細はこちら => http://mbp-tokyo.com/m-yanagida/seminar/3000/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事を書いたプロ

栁田真

栁田真(やなぎだまこと)

栁田真プロのその他のコンテンツ

Share

栁田真プロのその他のコンテンツ