まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
栁田真

よろず相談、人事労務のオールラウンダー

栁田真(やなぎだまこと)

やなぎだ労務管理オフィス

コラム

問題社員を採用しないための秘訣(職務経歴書編)

採用

2013年9月2日 / 2015年8月21日更新

 さて前回に引き続き、問題社員を採用しないための秘訣をお話させていただきます。

今回は、「職務経歴書の見抜き方」です。

職務経歴書は情報がぎっしりと記載されているので、さっと目を通してしまうこともあるのではないでしょうか。
一見すると応募者側も過去の職歴をしっかりと書いていて、その内容を見る限りどれも素晴らしい実績のように見えます。しかし注意しなければいけません。職務経歴書で応募者の「本気度」を見抜くのです。
 

見抜くポイント

 私が考える見抜きポイントは、以下の1点のみ。

「経歴書にメリハリを付けているか。」

⇒全体が同じリズム、同じ形式になっていないか。
⇒枚数が限られた中(A4用紙3~4枚程度)で、募集職種に関連した職歴や、アピールしたい職歴に情報量を多くしているか。
⇒実績に対して、具体的な数字が記述されているか。(例:売上20%UP、費用25%削減)

 離職者向けセミナーで「自己分析ワーク」を実施すると、多くの方が「自分は今までの仕事で何を経験したのか(何ができるのか)」、「どの仕事が楽してどの仕事が嫌だったのか」ということをしっかり分析できないのです。自分自身のことをしっかり把握できていない人は、就職しても「この仕事は自分に向いていない」と、同じことを繰り返してしまうことが多いでしょう。
 
 そのような面からも、私は職務経歴書で自分をアピール出来ているか否かは非常に重要なポイントだと思っています。実際に職務経歴書の記述内容を読んで、頭の中にイメージできるようなものであれば、応募書類としては合格でしょう。

さらに職務経歴書は面接の際に重要な確認材料にもなるのです。

 

***************************************************************
 やなぎだ労務管理オフィスは、メンタルヘルスを重点業務としています。
 ホームページ: http://www.office87.com
 (一社)産業保健法学研究会 正会員
 社会保険労務士/産業カウンセラー/心理相談員  代表:柳田 真
***************************************************************

【最新セミナー情報】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 「ストレスチェック制度・集団分析からの職場改善の進め方」(2016年3月15日開催)

   詳細はこちら => http://mbp-tokyo.com/m-yanagida/seminar/3000/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事を書いたプロ

栁田真

栁田真(やなぎだまこと)

栁田真プロのその他のコンテンツ

Share

栁田真プロのその他のコンテンツ