まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
栁田真

よろず相談、人事労務のオールラウンダー

栁田真(やなぎだまこと)

やなぎだ労務管理オフィス

コラム

履歴書は手書き?パソコン作成?

労務管理

2011年3月28日 / 2015年8月21日更新


 今回は、私が企業の採用担当者として仕事をしていた時の経験をお話ししようと思います。
採用担当者がこういう視点で見ている、ということを参考にしていただければと思います。

 ただし、あくまで私の個人的な見解ですので、採用担当者の全てが同じ考えではないということを頭に入れておいてもらえると助かります。

 さて、求人の応募に際して、最初のアクションは応募書類の作成・送付になりますね。

「就職支援セミナー」の講師として履歴書の書き方について話しをする際に、受講生の皆さんからの質問で一番多いのは「履歴書は手書きか、パソコン利用か?」ということです。

 私はその都度、「手書きがいい」とお答えしています。
やはり手書きだと、書いた人の「ぬくもり」が感じられるからです。
「履歴書」という紙に気持ちが込められることにより、魂が宿るように感じます。

 一方で「手書きで」と言うと、「自分は字が上手くないので」と言われる人が必ずいます。

 でも安心してください。
「字の上手下手」と「なぐり書き」は違うのです。
一生懸命、一文字一文字気持ちを込めたものは、ちゃんと伝わりますよ。

 その反面、パソコンで作成したものは「文字」ですから。極端な話、誰が書いても同じ書類にしか見えないです。

 パソコンで作成される方は、「応募書類を何社分も作成するのに、手書きだと大変だ。」と言われる事が多いです。

 逆に採用担当者側からみると、「この人はたくさん応募している」というマイナスな先入観を持つことがあるかもしれません。
それよりも何より大切なことは、自分の将来が掛っている大事な書類を作成するのに、手間を惜しんではいけないということです。

 何百、何十通の中から目を引くような「履歴書」にするためには、自分の気持ちを込めて、それが上手く伝わりやすい「手書き」にしたほうがよいと思いますよ。


***************************************************************
 やなぎだ労務管理オフィスは、メンタルヘルスを重点業務としています。
 ホームページ: http://www.office87.com
 (一社)産業保健法学研究会 正会員
 社会保険労務士/産業カウンセラー/心理相談員  代表:柳田 真
***************************************************************

【最新セミナー情報】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 「ストレスチェック制度・集団分析からの職場改善の進め方」(2016年3月15日開催)

   詳細はこちら => http://mbp-tokyo.com/m-yanagida/seminar/3000/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事を書いたプロ

栁田真

栁田真(やなぎだまこと)

栁田真プロのその他のコンテンツ

Share

栁田真プロのその他のコンテンツ