まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
安達昌人

POP広告の実習指導が好評の商業コンサルタント

安達昌人(あだちまさと)

東京販促実践研究所

お電話での
お問い合わせ
03-5888-5758

コラム

●廃物を活かしたPOP広告

POP素材に廃物を利用

2014年7月27日 / 2014年7月31日更新

●POPの素材に廃物を利用

「廃物」とは一般に、使用済みで用いられなくなったもの、役に立たなくなったもののことです。一方、「廃棄物」という言葉は、今や「放射性廃棄物」といったように、今日の先進産業によって生じた、健康や生活環境に影響を及ぼす汚染物などの物騒なイメージを想起させます。
ここでは、身の回りの要らなくなった安全な廃物を再利用して、POP広告のデザインに活用してみたいと思います。いわば、ちょっとしたリサイクル・リユースというわけ。POP広告には、こうした遊びの感覚が活かされてもよいでしょう。利用できる廃物は数限りなくありますが、ここでは、その一例を紹介してみましょう。

◆発泡スチロールを利用

家電製品などの梱包材として使われている発泡スチロール。合成樹脂素材の一つで、気泡を含ませて硬化させたポリスチレンです。軽量で断熱性に優れ、弾力性があって衝撃吸収性に優れているために、保護材として使われます。スチレンボードにピンクのラシャ紙を貼り、熱線カッターで切り抜いた発泡スチロールを貼り付けつけました

◆食品パックのトレイを利用

惣菜の容器などで使われる発泡スチロールのトレイ。最近は燃えるゴミとして処理されます。カッターナイフやハサミを使って切り貼りし、魚やカニ、てんとう虫などを工作しました。文字は筆にポスターカラー、クレヨンなどで書きこんだもの。ボンドで貼り合わせますが、レモン汁でもくっつくようです。

◆ワインのコルク栓を利用

ワインの瓶に使われるコルク栓。コルクガシの樹皮によるコルクは、空気を良く含んで弾力性、保温性に富み、打ち抜いて作られたコルク栓は、ワインの熟成に適しています。銘品のワインのコルク栓には、焼印が捺されます。これをカッターナイフで縦半分に割り、「秋」の文字を作って、雰囲気づくりを図りました。

◆毛糸の残り屑を利用

手芸用品の毛糸の残り屑を利用して、ボンドで紙面に貼りつけ、ブドウや魚のイラストにしました。空間に文字を書きこんで、味覚の秋のPOP広告の出来上がりです。

◆キッチン用布巾を利用

キッチン用の布タオルが汚れて捨てる際に、その一部をハサミで切って貼りつけたもの。ちょうど赤と緑がクリスマスのカラー。星とリボンはカラーペーパー製。コラージュ(フランス語で「貼り合わせ」の意)は本来、ピカソやブラックが創始した近代絵画技法ですが、すでにかなり以前から、POP広告に取り入れられています。




この記事を書いたプロ

安達昌人

安達昌人(あだちまさと)

安達昌人プロのその他のコンテンツ

Share

安達昌人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5888-5758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安達昌人

東京販促実践研究所

担当安達昌人(あだちまさと)

地図・アクセス

安達昌人プロのその他のコンテンツ