まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
安達昌人

POP広告の実習指導が好評の商業コンサルタント

安達昌人(あだちまさと)

東京販促実践研究所

お電話での
お問い合わせ
03-5888-5758

コラム

段ボールでユニークなPOP広告

POP広告に段ボールを活用

2013年9月25日 / 2014年7月31日更新

◆段ボールの特長とは

ダンボール(段ボール)とは、手近な辞典によれば「板紙に波型の段つけ加工を施した中心紙(なかしんし)に、平らな表板紙を貼り合わせたもの」と出ています。つまり段ボールは、日本で生まれた言葉なのです。1955年ごろ、従来の木箱に代って段ボール箱が普及し始めました。自然保護からいえば、この出現は喜ぶべきこと。再生がきく上、中心紙によって衝撃に強いきわめて便利な素材です。丈夫なため、簡単な椅子から子供の遊ぶミニハウスまで作れます。



◆段ボールで楽しく工作

段ボールは、店頭では青果店の値札などに使われているのを見かけますが、その他のお店でも看板などに大活躍。加工しやすい素材であることと、アーシーな色合いが魅力です。カラー塗装した段ボールがホームセンターでも市販されていますが、ここでは身近な大き目の段ボールの箱を利用します。
用意するものは、カッターナイフと下敷きマット、ピンセット、鉛筆、消しゴム、その他の文具類など。まず、段ボールに鉛筆で下書きしたあと(別の紙に描いて留めても可)、カッターナイフで軽くカッティングし、模様の部分の表板紙をピンセットなどで剥がします。すると波型の中心紙が表れます。剥げにくい場合には、水で濡らします。



◆段ボールを活かしたPOP広告例

1)ケント紙の台紙に、カッティングした段ボールのクジラを貼り付けた大型ポスター。目は丸く切った白い紙に、同じく丸い黒い紙を貼り付けたもの。口も白い紙の貼り付けです。上の空間に太字と極太のマーカーでタイトルを描き、さらに中字のマーカーでコピーを描きこんで完成。迫力のある訴求です。



2)「中元セール」は7月7日の七夕と重なるため(8月になる地域も)、ここでは星のキャラクターを活用。天の川をはさんで、段ボールをカッティングした彦星と織姫を貼り付けました。マーカーで文字を描きこんで、長尺パネルの出来上がりです。



◆段ボールのイラスト例

ユーモラスな蛸をカッティング。8本の足には、波型の中芯紙を活かしています。目は白と黒の紙製。こうした工作で、魚や鳩などの鳥、ヒマワリの花、ハロウィンのかぼちゃ、クリスマスのサンタクロースなどシンプルなイラストが作れます。靴店がポスターにカッティングしたブーツ(靴紐も付け)を貼り、「ブーツまつり」をアピールして注視性を高めていました。


この記事を書いたプロ

安達昌人

安達昌人(あだちまさと)

安達昌人プロのその他のコンテンツ

Share

安達昌人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5888-5758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安達昌人

東京販促実践研究所

担当安達昌人(あだちまさと)

地図・アクセス

安達昌人プロのその他のコンテンツ