まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
安達昌人

POP広告の実習指導が好評の商業コンサルタント

安達昌人(あだちまさと)

東京販促実践研究所

お電話での
お問い合わせ
03-5888-5758

コラム

似顔絵入りPOP広告は説得力バツクン!

POPに似顔絵活用

2013年9月24日 / 2014年7月31日更新

◆似顔絵の果たす役割

 似顔絵は一般的に、名刺や手配りチラシによく使われています。売場では、一店逸品運動を展開している商店街・SCでも、各店の統一POPに似顔絵を活かして、成果を上げている例が見られます。写真よりも、似顔絵にはいっそう強い親愛感・ふれあい性があり、「私がお奨めします」「私にご相談ください」と、自店の商品やメッセージのアピールにぴったりのキャラクターといえます。



◆写真をもとにして似顔絵を描く

 似顔絵のポイントは、その人の特徴・個性を描き出すことです。最近は特に個性をデフォルメ(誇張)してカリカチチュァライズ(戯画化)した漫画的な例をよく見ますが、POPの場合は、デフォルメはほどほどに。ここでは一つのモジュール(寸法の規格)により、写真をもとに似顔絵を描いてみます。
日本人の場合、額の上部から顎(あご)の先までをベースに、目はおよそ顔の2分の1、その下の3分の1に鼻の先、さらに下3分の1に下唇があるのが一般的とされます(西洋人の場合は顔を3等分し、上の3分の1に目、下の3分の1が鼻の先)。このモジュールを人物写真に当てはめます。



◆似顔絵作成の手順と顔のパーツ

顔を構成する大道具のパーツには、顔のりんかく線、髪型などがあり、りんかく線は、丸い顔、四角っぽい顔、頬が出っ張ってとがった顎などさまざま。小道具のパーツとしては、目、鼻、口のほか、付属品としてメガネなどがあります。一般的には、最初に顔のりんかく線と髪などを描き、次に目鼻や口、メガネなどを描き込んで完成です。

◆似顔絵入りPOP広告の例

1)「元気で商いしています!!」という、大震災の被災地のお店が、地域客へ告げるメッセージPOPの例です。見舞い客へのお礼も添えて、感謝セールを実施。ここではオーガニック・コットンの素材を使ったTシャツを推奨。似顔絵を活かして、自店の主張を強調しています。濃い眉と大きな目、大きな鼻と口ひげ、頬は細めですが、意志の強さを示すあごが特徴です。



2)食堂の例。自店のお奨めメニューを、お店の主婦の似顔絵がアピールしています。素材の原産地も明記。大きな目の活発な顔が特徴です。白紙に描いて、ピンクの台紙に切り貼りした明るい印象。「節電で照明を落としています」と表示した次に「心に希望の灯を!」と添えています。


この記事を書いたプロ

安達昌人

安達昌人(あだちまさと)

安達昌人プロのその他のコンテンツ

Share

安達昌人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5888-5758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安達昌人

東京販促実践研究所

担当安達昌人(あだちまさと)

地図・アクセス

安達昌人プロのその他のコンテンツ