まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
屋形武史

住宅の将来価値を最大化する取得・活用をナビするFP

屋形武史(やかたたけふみ)

株式会社エルディーサポート

コラム

やはり戸建住宅は新築も既存も耐震等級3が必須か?(1)

2016年11月4日 / 2016年11月9日更新

平成28年4月の熊本地震では建築基準法でも想定していない前震、本震で震度7を二度記録しました。前震で倒壊を免れた建物も、本震で倒壊した事例もあります。連続した大地震にも耐え、住まいに「家族を守るシェルター」としての性能をどこまで求めたらよいか悩みどころです。まずは判断基準を専門家任せにせず、少しでも自ら理解したいものです。

日本の国土面積の世界に占める割合は約1%ですが、世界で発生するマグニチュード6以上の地震のうち、約2割は日本周辺で発生しています。今や、「震度6の地震は日本のどこでも発生する可能性がある」と想定したほうがよさそうです。

今回のコラムでは熊本地震における「日本建築学会悉皆(しっかい)調査結果」や国土交通省が設置しました有識者による「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」(以下委員会)などの報告書から、あらためて住まいの耐震性について取り上げてみたいと思います。


建物基本性能の主軸、耐震性能

大震災が発生するたびに、建築基準法の耐震基準が強化されていきた耐震性能。大きくは1981年以前の旧耐震基準、その後の新耐震基準、そして現在の基準が2000年(平成12年)に規定された基準です(業界では1981年の新耐震基準と区別するため、2000年基準、新々耐震基準、平成新耐震基準などと呼ばれています)。まずは、地震の多い日本では、住いの耐震性能に注目すべきでしょう。

先にあげました「委員会」報告書の「熊本地震における構造別、建築時期別建築物被害状況」を全体で見ますと、明らかに現行基準である2000年基準建築物は倒壊、大破が5.5%とそれ以前の基準の建築物より被害が少なく、優位性が高い結果になっています。





やはり戸建住宅は耐震等級3が必須条件?

日本建築学会が実施しました木造建築物の悉皆調査でも「1981年6月〜2000年5月基準では18.4%の家屋が大破、倒壊」、2000年基準以降では6%が同様な被害を受けた実態に対し、1981年5月以前の旧耐震建築物では45.7%と耐震性能の差が歴然と現れています。




2000年基準以降の建築年で倒壊した木造7棟の内、3棟で接合部仕様にて基準とは違い不十分であったとされ、1棟は敷地の崩壊が原因、残り3棟が原因不明でした。
基準どおりに施工されていれば、2000年基準の有効性の高さを調査結果から読み取れます。

さらに、学会悉皆調査の範囲内ですが、住宅性能表示制度を利用した木造住宅の内、耐震等級3で設計された16棟のうち、14棟は無被害、2棟が軽微または小破の被害でした。改めて、耐震等級3(現行建築基準法の1.5倍の強度)の必要性を強く感じます。
構造関係の専門家では、耐震等級3を標準とし、耐震等級4(現行基準法の1.75倍の強度)の創設を唱えている方もおられます。

戸建住宅においては、施主、購入者の意向次第で耐震等級の選定検討が可能です。また無理なプラン要望がなければ、2階建専用住宅であれば耐震等級3を取得することは技術的にも難易度が高くないと思われます。


まずは注目したい建物基本性能、ただし性能表示採用は低迷

先程、耐震等級のレベルを事例にあげましたが、これは平成12年から始まった住宅性能表示制度の一部です。建築基準法を上まわる性能基準も設けられ、10分野32項目にわたって住宅性能を第三者機関が評価する制度です。

既存住宅にもその性能表示を取得する制度は設けられていますが、実態として採用が進んでいません。平成26年度においても残念ながら新築でも20%台です。

住宅性能表示制度の採用が低迷している理由は「採用は任意であること」「施主、購入者の情報不足」「業界関係者のコスト意識」などが考えられます。戸建住宅においては、施主、購入者の意識次第で、住宅性能表示制度の採用、耐震等級を上げた計画の検討が可能です。

平成26年の住団連による「住宅性能表示制度等取組実態調査」報告書によりますと、アンケート対象の約半数の事業者が表示制度採用に消極的な状況であり、顧客の要望により取得が37.6%と高くなっていることから、施主側の知識、情報量の確保が採用率向上に向け重要であることが判ります。

少し余談ですが、中古自動車流通と同じように、今後、既存住宅流通拡大にあたって、性能表示の採用、設計図書などの性能諸元の保管、点検補修履歴の有無が信用に結びつき、建物価値が認められる時代になってくると思います。
一般的に住まいは使用期間が長いため、所有者はそれらにかける事前コストに対し、遠い将来のベネフィットを感じることが難しく、現在のところそれが普及の妨げになっていると思います。

施主、購入者は、「日本の建築基準は最低守るべき基準を定めているだけで、必要十分条件ではないこと」を、まず認識することがスタートになるでしょうか。

この記事を書いたプロ

屋形武史

屋形武史(やかたたけふみ)

屋形武史プロのその他のコンテンツ

Share

屋形武史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5931-7116

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

屋形武史

株式会社エルディーサポート

担当屋形武史(やかたたけふみ)

地図・アクセス

屋形武史プロのその他のコンテンツ