まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山本晃司

的確な提案で相続全般の悩みを解決する税理士

山本晃司(やまもとこうじ)

山本晃司税理士事務所/千代田相続税相談室

コラム

【遺言書の重要性】千代田区/相続/相談/税理士

千代田区 相続 税理士

2013年9月28日 / 2014年4月8日更新

相続税は、遺言書がある場合には基本的にその内容に基づいて遺産分割を行い、申告をすることとなりますが、遺留分までの調整や又は相続税の減額特例を適用するため等の理由により、相続人全員の同意に基づき、遺産分割協議書を作成した場合には、その分割方法により、相続税の申告を行うこととなります。

但し、遺産分割協議書はあくまで相続人全員の同意が必要です。
相続人間の関係があまり良くなく、同意が得られなければ、遺言書に基づき申告するしかありません。(遺留分に満たない場合は、遺留分の減殺請求の権利はあります。)

不動産を共有にしたため将来の権利関係が複雑になる可能性があったり、相続税を本来減らすことができたはずなのにできなかったり、と遺言書の内容によって、不利益を被ることがあります。

今月HP経由にてお問い合わせを頂いたお客様も故人が残された遺言書の内容で非常に悩まれておりました。色々なご事情があり故人が弁護士の協力のもと作成された様なのですが、税に関する観点が無かったのが非常に残念でした。
セカンドオピニオンとしてのご相談であったため、一定の解決方法を掲示させて頂いたのですが、最終的にいい結果で決着されることを望んでやみません。

遺言書の作成は弁護士さんが中心的に行われるものですが、やはり税に関する分野は我々税理士の範疇になってきます。
当事務所では弁護士事務所との協力関係のもと、遺言書の作成のご相談にも随時対応しております。

初回の相談は無料で行っております。また、相続税の簡易試算も無料にて実施中です。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

★無料相談についての詳しい内容はこちらです。
http://www.kyamamoto-tax.com/category/1743384.html

電話 03-6272-9547
メールの場合は、折り返しご連絡させていただきます。

★事務所HPは以下となります。サービス内容の詳細などは、ぜひこちらからご確認下さい。
千代田相続税相談室/山本晃司税理士事務所
http://www.kyamamoto-tax.com/

この記事を書いたプロ

山本晃司

山本晃司(やまもとこうじ)

山本晃司プロのその他のコンテンツ

Share

山本晃司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6272-9547

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本晃司

山本晃司税理士事務所/千代田相続税相談室

担当山本晃司(やまもとこうじ)

地図・アクセス

山本晃司プロのその他のコンテンツ