まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
島田薫

オーダーメイドとリフォームの良さを伝えるジュエリーデザイナー

島田薫(しまだかおる)

株式会社薫風

お電話での
お問い合わせ
03-6455-4220

コラム

7月の誕生石 ルビーのお話

ジュエリーデザイナー島田薫です。
7月に入りましたので、7月の誕生石について書きますね。



ルビーの伝説・逸話


古代からインド人は、ルビーをラトナラジー(サンスクリット語で「宝石の王」の意味)と呼び、他のどの宝石より珍重し愛好してきました。

インド最古の文献といわれる「リグ・ヴェーダ」によると、不老長寿の実と珍重されたカルバの果実をルビーと呼び、「神にルビーを献上して参拝するものは今度生まれ変わる時は力のある国王になれる」と著されています。

財を得るとか漠然と幸せになれるというものではなく、「王」や「皇帝」という絶対的な富と権力と結びつけて珍重された唯一の宝石といえます。

面白いのは、ルビーのパワーを感受しようとするなら、体の右側でなければならないという言い伝えが根強くあることです。

右側は能動、左側は受動。

ルビーが積極的な宝石であることの表れと言えるでしょう。

14世紀のフランスの旅行家ジョン・マンダヴィルは「ルビーはあらゆる危険や災難から身を守り安泰と平和をくれる石だが、指輪、腕輪、ブローチなどを体の右側につけることが必要」というジンクスを耳にしたと旅行記に書いています。

このジンクスは当然のように信じられていたため、当時の肖像画を見ると王族の男子の帽子の右側にルビーは描かれています。

宝石言葉は「情熱」「仁愛」「威厳」です。

また、結婚結婚40周年の紅玉婚は、愛の炎を燃やし続けた証として情熱の石ルビーが記念石です。


参考文献:「宝石ことば 山中茉莉 著」


鉱物としてのルビー


ルビーはサファイアと同じ「コランダム」の結晶です。

赤色のものだけをルビー、その他の色のものをサファイアと呼んでいます。

ルビーもサファイアもダイヤモンドに次ぐ硬さで、硬度は9です。

ピンク色のものはピンクサファイアですが、ピンクルビーとも言えるわけで、ルビーの赤とサファイアのピンクの境目については業界でも頻繁に議論の種となっています。

ルビーの中でもわずかに紫がかった鮮明な赤色のルビーを「ピジョン・ブラッド(鳩の血)と呼び、最上級のルビーとされています。



産地:ミャンマー、タイ、スリランカ、マダガスカル、タンザニア、ケニア、ベトナム、カンボジア、アフガニスタン、パキスタン、インド、ロシア、中国、コロンビア、ネパール
英名:Ruby
和名:紅玉・こうぎょく
組成:Al2O3 
結晶系:六方晶系(三方晶系)
色:赤色、帯紫赤色
モース硬度:9
比重:3.99~4.05




KUNPOOオリジナルルビーリング


赤い宝石は他にガーネットやスピネルがありますが、ルビーの美しさと希少性は赤い石の中でも群を抜いています。

肌色が白く美しく見える効果もあり、ルビーを好む女性は多いです。

情熱的な色なので、愛する人へのプレゼントにも適していると思います。


誕生石のお話はこちら


KUNPOO オーナージュエリーデザイナー
島田薫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



オーダーメイドジュエリー・オリジナルジュエリー・ゴルフアクセサリー
http://www.jewelry-kunpoo.jp/

KUNPOO南青山ジュエリーサロン(オーダーメイドジュエリー専門サロン)※完全予約制
東京都港区南青山2-2-15ウィン青山809
Tel 03-6455-4220 (11:00~20:00)

オーダーメイドジュエリー・リフォームジュエリー・修理のご依頼、お問い合わせはお気軽にどうぞ☆
こちらのページの一番下にお問い合わせフォームがあります→http://mbp-tokyo.com/kunpoo/detail/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆島田薫 公式ブログはこちら(プライベートも書いています)
http://ameblo.jp/omotesandounokomichi2/

◆島田薫 facebookページはこちら
https://www.facebook.com/kaoru.shimada

◆KUNPOO南青山ジュエリーサロン facebookページはこちら
https://www.facebook.com/KUNPOO.salon

この記事を書いたプロ

島田薫

島田薫(しまだかおる)

島田薫プロのその他のコンテンツ

Share